PR

東京IT新聞 ニュース

【ITジャーナリスト・湯川鶴章による連載90回目】リクルートが人工知能研究所を開設したと発表した。ネット上では「単なる株価対策ではないか」という意見が散見されたが、実はそんなことはない。人工知能の研究者に「日本で人工知能に最も熱心な企業は」と質問すると、多くの人が「リクルートだ」と答えているのだ。
クラウドソーシング大手のクラウドワークスが途方もない成長目標を打ち出した。今月(5月)15日に都内で開いた事業戦略説明会で吉田浩一郎社長は20年後に総契約額3兆円を目指す計画をあらためて宣言し、「ソフトバンクの孫(正義)さんのような“ホラ吹き”が我々の世代にいてもいいですよね」と語った。「働き方革命」を旗印に掲げ、時代の波に乗って成長を目指す。
“寄り添う支援”で日本一起業しやすい都市に――。福岡県北九州市は街ぐるみで起業を支援するため、先月(4月)“産官学民金”からなる「スタートアップネットワークの会」を設立した。今月14日には都内で「地方創生で北九州に人の流れをつくる」をテーマに移住促進イベントを初めて開き、東京や横浜だけでなく、青森からも参加者が現れるなど総勢70名が集まり、九州外でも注目の高さを示した。
日本経済新聞の電子版が創刊5周年を迎えた。日本で初めての本格的ニュースサイトとして順調に拡大し、有料読者数は40万人に達した。今月(5月)17日にはパソコン向けのトップ画面を大幅に見直し、スマートフォン(スマホ)向け新アプリも相次ぎ投入するなど、進化を続けている。
「ドローン」の旗色が悪い。以前から良いというわけではなかったが、さらに悪くなったようだ。きっかけは先月、首相官邸の屋上で墜落したドローンが見つかる“事件”が起こってから。その後、長野市の善光寺で少年が飛ばしていたドローンが行事中に墜落したことが報道されると、世間の緊張感はさらに高まった。
米国の大手コンサルティングファームに勤務し、在米経験が15年になる筆者・廣瀬祐二氏がこれまでのビジネスや日常生活を通じて感じたグローバル人材としての生き方と難しさをはじめ、現地でのIT活用のあり方を紹介する連載。第5回は投資大国アメリカの年金制度を見ながら、IT活用のあり方や投資に対する考え方を探っていきます。
企業でのシステム開発者を振り出しに、営業トップや経営者として上場を果たすなど、IT界で多彩な職歴を持つ株式公開コンサルタントの高橋諭氏。ITベンチャー経営者の視点からIPO(株式公開)の苦労とコツを伝授していきます。第9回も引き続き、日本企業でありながら英国ロンドン証券取引所の新興市場である「AIM(エイム)」に上場した筆者の当時の苦労や問題点などをご紹介します。
地域経済のIT化を支える大学が北海道の函館市にある。15年前の2000年に開学した公立はこだて未来大学は、街全体をキャンパスに見立て、地元の課題をITを使って解決を目指すというユニークなカリキュラムを盛り込む。「函館にあるすべての企業に卒業生を送り込んでIT化を進めたい」(中島秀之学長)との目標を持つ同大学は、ITを使った地方創生の担い手としても期待されている。

注目の特集・記事

全国では日々無数のIT系のイベントやセミナーが開かれています。東京IT新聞が選んだ2015年5月のイベントやセミナーの情報をご紹介します。ゴールデンウィークが明けると東京や大阪を中心に大型展示会が相次いで予定されています。
全国では日々無数のIT系のイベントやセミナーが開かれています。東京IT新聞が選んだ2015年4月のイベントやセミナーの情報をご紹介します。新年度初めての月は多忙な時期ながら、ゴールデンウィーク前までは全国で予定されています。

インタビュー・コラム・連載など

毎回、国内外のさまざまな旅行先から“人気ベスト3”を紹介していくこのコーナー。今回は今回はオトナが楽しむ工場見学ベスト3をご紹介します。充実したガイドツアーでしっかり学んだ後に味わうお酒は格別です!限定の商品を購入したり、自然豊かな景色に癒されたりと、様々な楽しみ方のできる工場見学は、雨でも楽しめるので梅雨時期のレジャーとしてもおすすめです。
CODING FACTORYです。2010年6月から月1回のペースでお届けしている「Coding Methodology」は、1848案件のHTMLコーディング案件を納品した中から生み出された、今すぐ役立つ実践的コーディングノウハウです。ちょっとした工夫や発想の転換など、コーディングの手法やスムーズに進めるコツを紹介します。
IT界と仏教界を経験した現役僧侶の“IT坊主”こと牧野豊潤(ほうじゅん)氏がITビジネスで役立つ「説話」を連載。世の中でもっとも新しい業界であるITの世界に、2500年の歴史を持つ仏教の教えは通用するのでしょうか――。今回(第19回)はアイコンタクトに関する仏教語を紹介しながら、その重要性を考えていきましょう。
今やパソコンより多くの個人情報が格納されているといっても過言ではないスマートフォン(スマホ)。セキュリティソフトがあれば「ウィルスやマルウェア対策は万全」と安心していませんか?机の上に何気なく置かれた、あなたのスマホも、家で、会社で、誰かに盗み見られているかもしれないのです。
IT界と仏教界を経験した現役僧侶の“IT坊主”こと牧野豊潤(ほうじゅん)氏がITビジネスで役立つ「説話」を連載。世の中でもっとも新しい業界であるITの世界に、2500年の歴史を持つ仏教の教えは通用するのでしょうか――。今回(第18回)は、IT界でもお馴染みの「開発」という言葉を仏教的な意味合いからその本質を考えていきましょう。