PR

東京IT新聞 ニュース

気になるニュースをわかりやすく――というコンセプトを掲げたヤフー傘下のニュースサイト「THE PAGE(ザ・ページ)」が開設からまもなく2年を迎え、ページ滞在率の増加やヤフートピックス以外への配信強化など、順調な発展を遂げつつある。『ヤフートピックスの作り方』(光文社新書)の筆者で、運営会社で社長をつとめる奥村倫弘(みちひろ)社長に話を聞いた。
働く場所よりも「やりがい」を選ぶ――。宮崎県に3000人のIT人材を集めるとの目標を掲げ、県庁と県内進出のIT企業が合同で立ち上げた「MIYAZAKI IT 3000 PROJECT(宮崎IT3000プロジェクト)」は先月(2月)21日、都内で大型イベントを開いた。IT分野では初めて首都圏からのU・Iターン就職を促そうという宮崎県。その魅力とメリット、地方で働くことの意義とは。
これまでに30冊以上の書籍を執筆した“人脈づくりの達人”がその経験を生かし、各界の経営者と繋がることができる「TOP CONNECT(トップコネクト)」と名付けたWebサービスを立ち上げた。「これまでトップの方々から学んできたノウハウを広く伝えたい」と意気込む。
来年(2016年)4月からの小売電力の全面自由化を前に、異業種から電気小売業に進出表明する新電力会社が相次いでいる。そんななか、福岡県みやま市は「電気の地産地消」を掲げ、太陽光発電所を建設する一方、3月に市が資本参加する新電力会社を設立する。将来は、市内全世帯の家庭電力を、市内に立地する発電所の電力で賄う“自治体電気ビジネス”に乗り出す。
人工知能をはじめ、IoT(Internet of Things=モノのインターネット)やビッグデータなど、近未来の生活を激変させるIT技術に欠かせない企業として、世界中で注目を集めている。これらの技術は主に米国などの海外企業が中心となって研究開発を行っているが、実は国内IT企業も革新的な技術を着々と生み出し、成果をあげようとしている。一方で、国の各種規制によって、人工知能やIoTの発展に欠かせないビッグデータの活用が進まないとの懸念もある。
今年秋を境に我々はまた1つ重要な個人情報を守らねばならなくなる。10月になると、国内に住民票を持つ1億2000万超におよぶすべての人に「123456789012」といった12ケタの数字が記された紙製のカードが送られてくるはずだ。一度では絶対に覚えられないこの数字列があなたの“分身”。国や公的機関だけでなく、勤務先でも個人情報に紐づけて管理される。税金徴収や各種公的手続時など、人生が尽きるまで12個の数字「マイナンバー」から逃れることはできない。
ITをテーマにした新たな無料紙媒体「24 hour IT PEOPLE」が今夏(2015年)にも創刊する。ビッグデータに関する記事を掲載した創刊準備号を約5000部印刷し、先月末から今月(2月)始めにかけて東京ビッグサイトで開かれた大型イベント「マーケティングテクノロジーフェア」の出入口で配布したところ、そのすべてが来場者に持ち帰られるなど反応は上々だ。
2014年のクリスマスシーズン。海外では多くのドローン(ここでは「マルチコプター」の意)がプレゼントとして贈られ、その結果として各地で様々なトラブルが起きたようだ。機体を安定飛行させる機構を持つドローンは初心者でも比較的操縦しやすく、利用者の間口を広げた一方、十分な知識や技能を持たずにドローンを飛ばすことで、事故の可能性も高めた。

注目の特集・記事

全国では日々無数のIT系のイベントやセミナーが開かれています。東京IT新聞が選んだ2015年3月のイベントやセミナーの情報をご紹介します。新年度へ向けた総決算の時期。20日ごろまでは毎日のように大型企画が全国で予定されています。
東京IT新聞では、読者のみなさんに最新のIT事情を学んでいただく機会として、今年(2015年)から「東京IT勉強会」を企画しました。ビジネスで役立つあらゆるIT関連のテーマについて、初心者から中級者まで誰もが理解できる内容とし、参加費も安価に設定しています。第1回は3月11日(水)午後にサイバー攻撃の現状と対策をテーマに2人の専門家を講師に招き、東京・神保町で開催します。

インタビュー・コラム・連載など

毎回、国内外のさまざまな旅行先から“人気ベスト3”を紹介していくこのコーナー。今回は2015年に行きたい海外旅行先ベスト3をご紹介します。巨木から滝のように花を咲かせる「三春滝桜」が1位に。続いて、古からの伝説も残る日本最古の桜「山高神代桜」が2位。3位は花の色が時の移り変わりとともに変化する「淡墨桜」でした。
Androidアプリの情報サイト「アンドロイダー」の人気アプリランキングです。定番のものから新しいものまで、1位~5位までをピックアップしてご紹介。今回のランキングには簡単操作も人気のメモリ解放アプリ「メモリ解放」が1位に。そのほか、手軽なデジタル温度計アプリ「デジタル温度計」や電話番号検索や迷惑電話対策に便利な「電話帳ナビ~電話帳に登録されていない相手でも情報表示」などの定番も前回に引き続きランクインしています。
毎回、ITビジネスに関する書籍を紹介&プレゼントする「ブックナビゲータ」。今回は『コンサル一〇〇年史』『弁護士ドットコム~困っている人を救う僕たちの挑戦』『情報立国・日本の戦争~大国の暗闘、テロリストの陰謀』『Google Chromecast戦略~なぜグーグルはリビングのテレビとつながろうとするのか』の4冊を取り上げました。
IT界と仏教界を経験した現役僧侶の“IT坊主”こと牧野豊潤(ほうじゅん)氏がITビジネスで役立つ「説話」を連載。世の中でもっとも新しい業界であるITの世界に、2500年の歴史を持つ仏教の教えは通用するのでしょうか――。今回(第14回)は、禅語にある「竹」をテーマに、しなやかさや企業のあり方を考えてみましょう。
今回はシティホテルのデザインを紹介しよう。宿泊は主サービスでもあるため、予約のしやすさから部屋の案内まで、きめ細かな情報が必要だ。スマホサイトでは、アクセスをわかりやすく案内できているかも重要となってくるので、目的の情報にスムーズにたどり着けるかも考えなければならない。