スキマ時間に応じて短い電子書籍を薦めてくれる面白いサービス | 東京IT新聞

スキマ時間に応じて短い電子書籍を薦めてくれる面白いサービス

コンシューマー サービス

スキマ時間に応じて短い電子書籍を薦めてくれる面白いサービス
  • スキマ時間に応じて短い電子書籍を薦めてくれる面白いサービス

ちょっとしたスキマ時間を上手に使って名作を読む――。フライングライン(東京都中央区、鐘ケ江弘章社長)が提供する電子書籍サービス「YONDEMILL shortshort(ヨンデミル・ショートショート)」が面白い。5分から60分以内で読める作品ばかり700タイトル以上を集めており、空いた時間に応じて選りすぐりのショート作品にパソコンやスマートフォン(スマホ)を通じて触れることができる。新年度の情報収集にお薦めだ。

アプリやソフトは不要、無料作品も多い

時間に応じて短い作品を選んでくれる「YONDEMILL shortshort(ヨンデミル・ショートショート)」
 YONDEMILL shortshort(ヨンデミル・ショートショート)は、空いた時間に応じて「すごく短い本」を読むことができるWebサービス。今年(2015年)2月に開始した。  5分から10分、20分、30分、40分、50分、60分という選択肢があり、さらに「ビジネス」「小説エッセイ」「コミック」など7つのジャンルを選択すると本が表示される。  たとえば、5分で読める小説エッセイを選ぶと、新見南吉の『たけのこ』という作品など60作品ほどが表示される。20分で「ビジネス」を選択すると、『ビジネスパーソンのための無敵の整理術』など5作品が出てくる。  これらの作品は特別なソフトやアプリをインストールする必要がなく、ブラウザ上でクリックやタップするだけで読むことが可能だ。  700作品のうち大半は有料だが、そのほとんどで試し読みができるほか、小説エッセイジャンルを中心に無料作品も多い。

カップ麺や風呂沸かし待ち時間に最適な作品

 同サービスに掲載されている作品は、サービスの提供元であるフライングラインが実際に読み込んだうえで、時間に合わせて選りすぐりの短編を収録しているのが特徴だ。  たとえば同社では、カップ麺が出来上がるのを待つ時間には、太宰治の『鬱屈禍』や夢野久作の『キューピー』、風呂の湯が湧くのを待つ時間には、さかもとはるゆきの『バスタオル快眠法』、芥川龍之介の『藪の中』など、隙間時間ができるシーンに応じて、作品を薦めている。  パソコンやスマホさえあればブラウザ上から手軽にアクセスできるため、効率的に時間を使いたいビジネスパーソンにぜひお薦めしたいサービスだ。
《東京IT新聞 編集部》

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  3. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

    子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  4. <IT坊主の説話:最終回>実は「可もなく不可もなし」は難しい

  5. 教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

アクセスランキングをもっと見る

page top