<モバイルデザイン>国内航空のスマホサイトは使い勝手向上に注力 | 東京IT新聞

<モバイルデザイン>国内航空のスマホサイトは使い勝手向上に注力

プロダクト モバイル

今回は国内航空会社のスマートフォン(スマホ)サイトを取り上げたい。航空会社のスマホサイトは、チケット予約や予約確認、各空港へのアクセス情報など、用途は多岐にわたる。アプリで代用できる航空会社もあるが、まだまだブラウザへのニーズも高い。特に、当日の予約確認やチケットの発券など、重要な機能も兼ね備える必要があるため、各社ともユーザビリティ向上に余念がない。

ANAは直感的で分かりやすい

ANA(全日本空輸) <Link

 ANAは白地に青という、コーポレートカラーを用いた爽やかな印象。

 ロゴ直下のタブで「国内線」「国際線」といった重要メニューが切り替えられるほか、各タブ内ページで空席照会や予約確認・変更を受け付けられるようになっている。

 ボタンが横一列で大きめに配置され、誤操作を招きにくい工夫もなされている。

 予約に関しては5項目をボタンで選択する形式となっており、矢印やボタンも直感的に分かりやすい。

 ユーザビリティに配慮されたサイトだ。

使いやすさの基本に忠実なJAL

JAL(日本航空) <Link

 JALは白地にコーポレートカラーの赤を用いたデザイン。

 ロゴ直下には季節限定のメニューなどが掲載された特集メニューがローテーションで表示されており、旬な情報をキャッチしやすい。

 国内線や国際線の切り替えはワンポイントの絵が施されたアイコンで選択できるようになっており、ユーザに選びやすい配慮がなされている。

 空席照会であればトップページ上で出来るなど、予約へのアクセシビリティにも工夫が見える印象。

 そのほか、ボタンには右矢印マークを入れるなど、ユーザの視点に立った使いやすさの基本を意識した忠実なサイトと言えよう。

迷いを軽減するバニラ・エア

バニラ・エア <Link

 LCC(格安航空)のバニラ・エア(旧エアアジア・ジャパン)は、コーポレートカラーの黄色と水色を多用することで、全体的に爽やかなイメージを醸し出している。

 旬な情報はロゴ直下にバナーとして目立つ位置に配置。

 ここにもコーポレートカラーである黄色と水色が施されていることで、全体的に統一された色合いを感じさせる。

 フライト予約ページは、全体的なページ遷移のどこに今自分がいるのかを表示させる“パンくずリスト(一覧)”が上に設置されており、ユーザの迷いを軽減している点にも注目したい。

ユニークなデザインのSFJ

スターフライヤー(SFJ)<Link

 北九州を拠点とするスターフライヤー(SFJ)は宇宙をイメージした背景を用い、全体的にもコーポレートカラーを意識した黒で統一。

 航空会社としては非常にユニークなデザインに仕上がっている。

 今回取り上げたサイトのなかでは唯一3列アイコンのメニュー体型であるが、ワンポイントの絵によるアイコンもあり押しやすい工夫がなされている。

 トップページではメニューの上にスライドされた特集バナーが設置されており、各ページがまるでトップページであるような凝ったデザインに仕上がっている点も注目したい。

 そのほか、注目マークや次に進むボタンも黒に統一するなど、細かい部分までコーポレートカラーを意識したデザインは美しく、参考になるだろう。

《津田 武》

特集

page top