恒例の超大型展示会「Japan IT Week」、今年は5/13(水)から3日間 | 東京IT新聞

恒例の超大型展示会「Japan IT Week」、今年は5/13(水)から3日間

エンタープライズ 市場動向

恒例の超大型展示会「Japan IT Week」、今年は5/13(水)から3日間
  • 恒例の超大型展示会「Japan IT Week」、今年は5/13(水)から3日間

恒例の日本最大のIT専門展といわれる「Japan IT Week 春」がゴールデンウィーク明けの2015年5月13日(水)から3日間にわたって、東京ビッグサイトで開かれる。今年は昨年より1つ増えて12の専門展が同時に催され、昨年比140社増となる約1500社が出展。期間中は8万5000名が来場する予定だ。

老舗からネット系まで今回も豊富な内容

Japan IT Week春」の総合サイト

 今年は、昨年のラインナップに加えて、新たに「ITプロダクツ展」が加わり、計12の専門展を同時に開く。

 今回で最多の24回目を迎える「ソフトウェア開発環境展」をはじめ、節目の20回目となった「ビッグデータ活用展(旧「データウェアハウス&CRM EXPO」)」、18回目の「組込みシステム開発技術展」、17回目の「データストレージEXPO」、12回目の「情報セキュリティEXPO春」といった“老舗”の専門展はもちろん健在。データセンター構築運用展」も7回目を迎える。

 加えてインターネット関連の専門展も昨年同様に豊富だ。

注目は周辺機器集めた初のプロダクツ展

新たに設けられた「ITプロダクツ展

 今年で9回目となった「Web&モバイルマーケティングEXPO春」を筆頭に、6回目の「クラウドコンピューティングEXPO春」、第5回の「スマートフォン&モバイルEXPO春」などがネット関連ではお馴染み。

 また、今年で4回目となる「IoT/M2M展(旧「ワイヤレスM2M展」)」や、3回目の「通販ソリューション展」まで多彩なラインナップが揃っている。

 今年の注目は新たに設けられたITプロダクツ展だ。法人向けのスマートフォン(スマホ)やタブレット、ウェアラブル端末、パソコンなどの周辺機器とアクセサリ、ソフトを一堂に集めた展示会となる。

クラウドからネット関連まで91のセミナー

3日間で91のセミナーが予定されている。有料が大半だが。無料の特別講演もある

 展示会同様に見逃せないのが同時に開かれる91の専門セミナーだ。

 クラウド分野では、ソフトバンクの宮内謙社長や米IBMのシニア・バイス・プレジデントであるマイケル・ローディン氏が登壇する。

 モバイルマーケティングやオムニチャネルの講演では、グーグル日本法人やヤフー、LINE、セールスフォース・ドットコム、ネットイヤーグループなどの幹部が壇上に上がる。

 IoTでは、米インテルやシスコ日本法人の経営層が講演するほか、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクテレコムの担当者も顔を揃える。

 EC分野では良品計画やマガシーク、トランスコスモス、イーベイ・ジャパンが講演を予定している。

 聴講は有料となっているものが多いが、なかには無料の特別講演もあるのでぜひ参加したい。

「組み込み」と「IoT」以外は東館で開催

 なお、今年は組込みシステム開発技術展とIoT/M2M展のみが西展示棟一階の「1~2ホール」で行われ、残りの10展示会は東展示棟の全フロア(1~6ホール)を貸し切った形で開かれる。

 開催時間は最終日のみが17時で終了するが、それ以外の日は10時から18時までとなっている。

《東京IT新聞 編集部》

エンタープライズ アクセスランキング

  1. <ITビジネス法務>保守契約書は印紙が不要な場合が多い

    <ITビジネス法務>保守契約書は印紙が不要な場合が多い

  2. NHN傘下の技術屋集団「テコラス」、日本から世界の法人市場を開拓へ

    NHN傘下の技術屋集団「テコラス」、日本から世界の法人市場を開拓へ

  3. <ITビジネス法務>「準委任」の契約書は印紙が不要になるという事実

    <ITビジネス法務>「準委任」の契約書は印紙が不要になるという事実

  4. <ITで地方創生:島根1>プログラミング言語「Ruby」の聖地に育てた松江市

  5. 中高生だけじゃない “いい大人”の知られざる「スマホ依存症」は深刻

アクセスランキングをもっと見る

page top