ロボットもモバイル化で持ち歩く?シャープが「ロボホン」開発中 | 東京IT新聞

ロボットもモバイル化で持ち歩く?シャープが「ロボホン」開発中

ソリューション ロボット

今度の「ロボット」は持ち歩ける!――。シャープが現在開発中の「ロボホン(RoBoHoN)」は、“モバイル型ロボット電話”というのがコンセプト。「次世代の携帯情報通信端末」との位置付けだが、二足歩行が可能なヒューマノイドロボットで、音声対話により人間とのコミュニケーションを図ることもできるユニークさがウリだ。

身長約19.5cmで重さ400グラム、ポケットに入る

シャープは「ロボホン(RoBoHoN)」を2016年度前半には販売する計画だ
 このロボホンの身長は約19.5cmで重さは400グラム弱と小型だ。衣類のポケットや鞄などに入れて、屋外へも手軽に持ち運んでもらおうという意図がある。  LTEや3Gといったモバイル通信に対応しているため、“携帯電話機”としても使用できる。メールやカメラ、液晶タッチパネルといった携帯電話の基本機能も搭載する。  また、小型プロジェクターの機能もあり、ロボホンを通じて写真や映像、地図などを壁や机などに投影することも可能だ。  ロボットとしては、二足で歩き、ダンスやゲームなどもできるようになっている。人間の言葉を理解する機能もあり、話しかけると返答もする。持ち主などの人の顔も覚える。また、ロボットが写真を撮影する“カメラマン”としての役割も担う。

2016年度前半に発売、携帯キャリアが取り扱いか

 このロボホンは、「ロビ(ROBI)」などを開発したことで知られるロボ・ガレージ代表取締役でロボットクリエイター高橋智隆氏と共同で開発したもので、高橋氏のロボット技術とシャープの携帯電話技術を融合したものだという。  現在のところ、ロボホンの詳細は発表されていないものの、シャープでは2016年度前半には発売する計画だ。  見た目はロボットではあるが、携帯電話機としての機能も持つため、携帯電話キャリアを通じての販売となる可能性もある。  ロボットを気軽に持ち歩く、そんな時代の先駆けのロボットとなるだろうか。 【写真上】かかってきた電話はロボットを通じて通話する!?(「ロボホン(RoBoHoN)」のコンセプト映像より)
《東京IT新聞 編集部》

特集

page top