見逃しテレビ番組が視聴可能、「TVer」がサービス開始 | 東京IT新聞

見逃しテレビ番組が視聴可能、「TVer」がサービス開始

コンシューマー サービス

 日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョンの在京民放5社は26日、公式ポータルサイト「TVer(ティーバー)」のサービスを開始した。あわせてスマートフォンアプリも公開中。

 「TVer」は、在京民放5社共同による初の公式サイト。見逃してしまった番組などを、広告付で無料配信する(1週間程度)。利用料金は無料。各局10コンテンツ程度、合わせて50~60コンテンツの配信を行う予定。

 現在、「有吉反省会」(日本テレビ )、「遺産争族」(テレビ朝日)、「下町ロケット」(TBSテレビ)、「ゴッドタン」(テレビ東京)、「巷のリアルTV カミングアウト!」(フジテレビ)などを配信中。

 アプリはiOS版/Android版が公開されており、iOS7以降のiPhone(iPhone4S以降)・iPod touchまたはAndroid OS4.1以降のスマートフォンで番組視聴が可能(iPad/Androidタブレットアプリは近日公開予定)。

見逃し番組が視聴可能、民放5社共同サイト「TVer」がサービス開始

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top