NEC、JR東日本山手線エリアに駅構内共通ネットワークを納入…SDNを活用 | 東京IT新聞

NEC、JR東日本山手線エリアに駅構内共通ネットワークを納入…SDNを活用

ソリューション クラウド

日本電気(NEC)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)に、山手線エリア内全36駅の各駅においてSDNを活用した「駅構内共通ネットワーク」を納入した。27日、NECが発表した。

「駅構内共通ネットワーク」は、2015年3月までに順次使用が開始されており、ネットワーク機器の増強や監視機能の強化などを10月に完了する予定だ。これによりJR東日本は、各駅でのネットワーク統合管理が可能となり、新たなサービスを早期に構築・提供できるようになる。

SDN(Software-Defined Networking)とは、ネットワークをソフトウェアで制御する概念。NECが注力する社会ソリューション事業の中核領域の1つであり、NECは、SDNを活用したシステムを国内外で250以上納入している。

東京駅をはじめとしたJR東日本の大規模なターミナル駅構内では、列車運行情報をはじめとした鉄道関連情報など、多数のシステムの膨大なデータがネットワーク上を行き交っている。これまでは、システムごとに専用のネットワークを構築・運用していたため、ICTを活用した新たなシステム導入には時間を要することが課題となっていた。

NECはJR東日本と共同で、システムごとのネットワークを統合し、個々のユーザーのニーズに応じた新しいサービスを柔軟・迅速に提供可能とするインフラとして、2014年3月、SDNを用いた「駅構内共通ネットワーク」を東京駅に導入した。これにより、公衆無線LANサービスやロッカーの空き状況の情報提供など、新たなサービスの提供が開始された。

JR東日本では、東京駅における「駅構内共通ネットワーク」の導入効果が得られたことから、山手線エリア内の各駅にも本ネットワークを導入した。

「駅構内共通ネットワーク」構成のため、SDNを実現する技術の1つであるOpenFlowに世界で初めて対応したNEC製品「UNIVERGE PFシリーズ」を導入。全駅合計で、SDNコントローラ20台、SDNスイッチ174台を導入している。「OpenFlow」は、ネットワーク制御機能をスイッチから分離し、コントローラに集約することで、ネットワークを集中制御できる方式の標準だ。SDNを実現する手段の一つ。NECはOpenFlowの非営利標準化団体であるOpen Networking Foundation (ONF)の設立メンバーでもある。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top