侵入前提の多層防御…NECと日本マイクロソフトがセキュリティで協業 | 東京IT新聞

侵入前提の多層防御…NECと日本マイクロソフトがセキュリティで協業

コンシューマー セキュリティ

日本電気株式会社(NEC)と日本マイクロソフト株式会社は10月30日、マイクロソフトの「Active Directory」へのセキュリティ対策において協業し、企業向け高度セキュリティ向上サービスを提供すると発表した。この協業は、すでに一定のセキュリティ対策を施している企業に対して、複数のセキュリティ対策による多層防御を推進することを目的に、両社が連携するもの。

この協業によりNECは、ユーザシステムの認証基盤も含めた、システム全体のセキュリティ対策の可視化や導入支援を行う「高度セキュリティ対策導入方針策定コンサルティングサービス」を同日より提供開始する。また日本マイクロソフトはNECに対し、サイバーセキュリティの専門知識や豊富な経験をもとに、「Active Directory」に関するセキュリティリスクの把握・特定を行い、具体的な改善点を提示する支援を行う。

巧妙化するサイバー攻撃に対し、侵入前提の多層防御を協業により推進(NEC、日本マイクロソフト)

《吉澤 亨史》

編集部のおすすめ

特集

page top