運動会開催中、飛び出し注意…カーナビ 東京モーターショー | 東京IT新聞

運動会開催中、飛び出し注意…カーナビ 東京モーターショー

ソリューション クラウド

 富士通テンと富士通は同グループが開発した技術を組み合わせ、未来のドライビングインターフェースを体験できる『Vehicle-ICTサービス体験シミュレーター』を展示。このシミュレーターはスタッフの解説を聞きながら、グループの最新技術が自動車の運転にどのように役立つかを体感できる。

 実際にシミュレーターを体験してみると、なかなかおもしろい。主な柱は3つ。巻き込み事故を事前に防ぐアラート機能と、渋滞ルートを避ける機能、ドライバーの視線を検知して安全運転を促す機能だ。

 特に渋滞ルートを知らせてくれる機能には、自然渋滞だけでなく、周囲で行われている運動会やお祭りなど、人が集まりやすいイベントの情報を収集して知らせてくれる。これらの情報はクラウド上に蓄積されているため、多くのドライバーで共有でき、利便性が高そうだ。

 また、視線検知機能も優れていた。運転中にドライバーがどこを見ているのかをピンポイントで検知し続け、視界外に危険物が現れた場合、音と映像で知らせてくれる。将来的にはこれらのセンサーで収集したデータは、ドライブレコーダーの映像と共に記録する計画もあるそうだ。

【東京モーターショー2015】運動会開催中、飛び出し注意……とカーナビが案内

《佐藤隆博》

編集部のおすすめ

特集

ソリューション アクセスランキング

  1. 宇宙までエレベーターを作って一直線! 本当に実現可能な仕組みなのか

    宇宙までエレベーターを作って一直線! 本当に実現可能な仕組みなのか

  2. <専門家が本音>人工知能の普及で消える仕事はこの分野と職種

    <専門家が本音>人工知能の普及で消える仕事はこの分野と職種

  3. 世界が注目!日本の技術&アイデアで「宇宙のゴミ」を網で大気圏へ落とす

    世界が注目!日本の技術&アイデアで「宇宙のゴミ」を網で大気圏へ落とす

  4. アプリと3Dプリンタ活用“義手”の世界に革命起こす「handiii(ハンディ)」

  5. iPadが3Dスキャナになる!米国で話題のハードウェア「Structure Sensor」

アクセスランキングをもっと見る

page top