東急パワーサプライとイッツコム、業務提携に合意…電力自由化 | 東京IT新聞

東急パワーサプライとイッツコム、業務提携に合意…電力自由化

エンタープライズ 経営

電力小売事業に新規参入する東急パワーサプライと、東急線沿線のケーブルテレビ会社のイッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)は、2016年4月の電力小売全面自由化にあわせ、東急パワーサプライが展開する電力サービスの販売面などにおいて業務提携することに合意した。4日、両者が発表した。

イッツコムは2015年12月から、イッツコムのサービスエリアにて電力サービスの先行受付を開始する。

東急パワーサプライは、事業展開においては、東急線沿線を最重要エリアと位置付けている。同エリアに根差した営業・サポートを強みとするイッツコムと提携することは、電力サービスの顧客獲得に寄与すると考えている。

イッツコムは、東急線沿線の地域に根差した放送・通信インフラ事業者としてテレビ、インターネット、電話などを提供しており、約82万世帯(2015年9月末時点)が利用している。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top