JapanTaxiとコンカー、経費精算自動化に向けた連携サービスを開始 | 東京IT新聞

JapanTaxiとコンカー、経費精算自動化に向けた連携サービスを開始

コンシューマー サービス

日本交通グループのJapanTaxとコンカーは共同で、タクシー利用料金の経費精算自動化サービスを開始した。タクシー配車サービスとシームレスに連携、決済情報や利用明細の自動登録で精算業務の省力化を実現した。5日、両者が発表した。

JapanTaxiが提供する「全国タクシー」は、「あなたのスマホがタクシーのりば」をコンセプトに、ユーザーがいる場所にタクシーを呼ぶことができるアプリだ。2011年12月にサービス開始、現在全国47都道府県の約500都市、2万3000台以上(全国の法人タクシーの約10パーセント)をカバーしている。

コンカーが提供するConcur Travel & Expenseは世界3万社、国内500社以上で利用される出張・経費精算クラウドサービスだ。出張申請、出張手配、出張旅程管理、出張先でのリスク情報把握、経費精算、領収書原本の糊付け作業、経費申請に至る一連のプロセスを統合、効率化し、最高の経費精算体験(パーフェクトエクスペンス)を実現するために外部サービス、および、アプリケーションとの連携を進めるオープンプラットフォーム戦略を推進している。

今回の連携サービスのシナリオは次の通り。まず、「全国タクシー」アプリを立ち上げ、タクシーの配車先を指定して「ネット決済」より注文、その後に乗車。目的地で降車すると同時にConcur Travel & Expense に利用明細がeレシートの形式で取り込まれる。従来のように降車後、領収書を紙で受け取り、後日、スケジュールを確認しながら経費システムに入力するといった業務はない。連携サービスの利用希望者は、Concur App Centerで設定が可能だ。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top