コミュニケーション力を活かす…ペッパーの導入事例 | 東京IT新聞

コミュニケーション力を活かす…ペッパーの導入事例

コンシューマー サービス

■ソフトバンクのPepperが得意なのは作業ではなくコミュニケーション

 2014年6月に“衝撃のデビュー”を飾って以来、いまも月に1,000台超の生産と売上げを記録しているのがソフトバンクの感情認識パーソナルロボット「Pepper」だ。6日にソフトバンク・テクノロジーが都内で開催した法人向けイベント「Softbank Technology Forum 2015」ではこのPepperに関する最新事例も紹介された。Pepperをさらに幅広い分野へと応用を進めるソフトウェア開発を進めているM-SOLUTIONS株式会社の植草 学氏が豊富な応用例について語った。

 まず植草氏が強調したのが、Pepperの基本的な特徴だ。「感情認識パーソナルロボット」の名称どおり、人の呼びかけを認識してコミュニケーションをとるのが得意なロボットで、動き回ったり人の代わりになって作業をするといった役割は苦手という基本的な機能について説明。Pepperの得意なコミュニケーション力が発揮できる活用方法を見いだしてほしいと話した。つまりPepperの「話す」「見せる」「動く」といった特徴こそが活用ポイントになるということだ。

 法人を対象に導入が進んでいるPepperが活躍しているシーンとして植草氏が紹介したのが、ショップや店舗、イベントや展示会、セミナーでの案内役。そして企業のエントランスなどでの受付業務だ。その際、Pepperの役割や目的に応じた対応力やコミュニケーション力を高めるのがソフトウェアの「Smart at robo」だという。

 「Pepperの登場から1年あまりが経って、よく言われるのがフレキシブルな対応ができないんじゃないかという印象です。私たちはこの点を、複雑なプログラミングなしでコントロールや制御ができるよう開発を進めています。もちろん細かなカスタマイズまで踏み込むと、Pythonなどを使った設計や仕様の変更が必要になるわけですが、一般的な活用方法で必要になる設定はだれでも簡単に変更できるよう工夫しています」

 動作時間やセンサーの起動、会話や画像の内容を活用する側が自由に設定できるようUI/UXの整備が進んでいると強調した。こうしたPepperの活用のしやすさ、コミュニケーション力を活かした導入例として子ども向けの英会話教室や地方でのイベントにゲストとして参加している事例が紹介された。

 「最初のPepperは日本語と英語しか認識しませんでしたが、10月1日から申し込み受け付けを開始した法人向けの『Pepper for Biz』は中国語や韓国語など多言語にも対応可能。いま盛り上がりを見せている外国人観光客向けの『おもてなし』にも活用できると思います」

 「Pepper for Biz」には、法人向けに専用のプラットフォームを実装。あらかじめ顧客情報、商品やサービスのアピールポイントを登録しておくことで、訪れた人と円滑なコミュニケーションを築きながら営業のサポートとなる役割も担えるという。


■多彩なデータの収集と蓄積、サイネージと連動した活用方法も展開

 次いで取り上げられたのが、ショッピングセンターでの導入・活用例。Pepperに話しかけた来訪者を対象に、複数項目のアンケートをPepper自身が行ってそのデータを収集・蓄積するといった活用方法だ。

 「たとえばショップや店舗で申し込みを募りたいクレジットカードの拡販に活用できます。カードを所有しているかどうか、カードに興味や関心があるかをわずかな時間のやりとりでデータとして収集・蓄積ができるので、訪れた顧客情報を貴重なデータとして活用することもできます」

 こうした顧客向けのアンケートは、口頭でのやりとりだけではなく胸に装着されているタブレット型のモニターに質問項目を表示してタッチしてもらうことも可能なため、設置環境や設置状況に応じたフレキシブルな応用も可能なのが大きなメリットなのだという。もう1点、植草氏が強調したのが導入・運用コストのリーズナブルさだ。10月1日から申し込み受け付けを開始した「Pepper for Biz」のレンタル費用は5万5000円/月。これに3万8000円/月の保守・運用費用を加えても計9万3000円。人件費に比べて圧倒的にリーズナブルで、活用方法によってはその費用対効果はかなり大きいと強調した。

 「最初にお話ししたとおりPepperはコミュニケーションが得意なロボットですから、Pepperを導入したほうが効果的と思える業務領域や役割に応じて活用方法をいろいろ考えていただけるのもメリットの1つ。多彩な活用方法に柔軟に応じられるよう日々ソフト面の改善や開発を進めています」

 M-SOLUTIONSではこれまでPepperのコントロールや制御に関するものだけでも合計20超のアプリケーションを開発してきた実績をもつ。すでに導入・活用している法人などからのフィードバックを反映して、さらにフレキシブルな活用方法を見いだせるような取り組みに活かしていく予定という。

 この日、最後にアピールがあったのがミラクル・リナックスと共同開発したデジタルサイネージソリューション「MIRACLE VISUAL STATION」の連携機能だ。これはミラクル・リナックスが提供しているLinuxベースのデジタルサイネージ製品とPepperとが連携して集客力と情報伝達力の双方を高めるサービスに役立てる提案だ。

 「人を集客する力のあるPepperと複数の情報を表示できるMIRACLE VISUAL STATIONとを組み合わせて、ショップや店舗だけでなくアミューズメント施設やイベント会場でも活用できるサービスを考えています」

 この新しい取り組みは年内にも製品化される予定という。コミュニケーションが得意な感情認識パーソナルロボット「Pepper」がさらに幅広い分野でサービスとビジネスの進化、発展に大きく寄与していきそうだ。

コミュニケーション力を活かす……Pepper活用事例 M-SOLUTIONS 植草取締役

《浦野孝嗣》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  3. IoTで見守りシステム、小中学生に端末配布…箕面市

    IoTで見守りシステム、小中学生に端末配布…箕面市

  4. 「植物工場」で障がい者の雇用広げる、東京板橋の福祉施設が実践

  5. ネット予約システム市場に異変、無料高機能の「レゼルバ」が与える影響

アクセスランキングをもっと見る

page top