3Dソフト「Shade 3D」 Basicに「ガイドブック&マニュアル付き」発売 | 東京IT新聞

3Dソフト「Shade 3D」 Basicに「ガイドブック&マニュアル付き」発売

コンシューマー サービス

 国産3Dソフトを開発・販売するShade3Dは、3D作成ソフト「Shade 3D Basic ver.15 ガイドブック付き」を、27日に発売する。全国の家電量販店、通販サイトで販売、価格は1万2744円。

 入門者向け3D作成ソフト「Shade 3D Basic ver.15」に、Shade 3Dの使い方やノウハウを凝縮したガイドブック「Shade 3D+3Dプリンター 実践活用ブック」(定価:2570円、米谷芳彦著、マイナビ刊)と、約300ページのマニュアルをセットにした。

 「Shade 3D」は1986年の発売以来、国内外合わせ累計70万本を販売した、統合型3D作成ソフトだ。ビギナーからプロフェッショナルまで幅広いユーザーが利用しており、現在19万人がアクティブユーザーとして利用している。2015年2月には、最新バージョン「Shade 3D ver.15」をリリースしている。3Dイメージやアニメーション、3Dプリンター向けのモデルデータ作成まで幅広く対応可能で、グラフィックデザインや、建築・インテリア、広告イラストにいたるまで、用途も多彩。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top