ロボットが銀行でごあいさつ 実証実験 | 東京IT新聞

ロボットが銀行でごあいさつ 実証実験

ソリューション クラウド

 NTTデータとりそな銀行は15日、りそな銀行店舗において、コミュニケーションロボットによる「顧客対応支援」の実現に向けた共同実証実験を開始した。センサーとクラウドロボティクス基盤を活用し、顧客対応を行うという。

 NTTデータは、研究開発中の「クラウドロボティクス基盤」、ヴイストン製コミュニケーションロボット「Sota」、NTTサービスエボリューション研究所が開発した完全クラウド対応型デバイス連携制御技術「R-env:連舞」などを活用し、「特別養護老人ホームにおける高齢者支援サービスの実証実験」「公共施設における来場者アンケート収集の実証実験」などを、すでに行っている。

 今回の実験では、15日に新たに開設された「りそな銀行 豊洲支店(セブンデイズプラザとよす)」において実施。1階ATMコーナーから2階店舗への誘導、2階店舗では高感度センサーによる来店者検知、さらにコミュニケーションロボットによる顧客対応などを行う。実験期間は12月末まで。今後は、他の展示会やイベント等にも公開することでコミュニケーションロボットによる支援業務への広い意見をヒアリングし、2016年度の実用化を目指す。

りそな銀とNTTデータ、コミュニケーションロボによる顧客対応実験を開始

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top