歴代から現在にいたるまでのソニーデザイン展示 11月27-29日 | 東京IT新聞

歴代から現在にいたるまでのソニーデザイン展示 11月27-29日

エンタープライズ 企業動向

 ソニーは、歴代モデルのデザインを展示するイベント『Sony Design: MAKING MODERN』を27~29日の3日間、京都造形芸術大学で開催する。2015年のソニーデザインを代表する近作も展示、さらにソニーのデザイナー6人によるトークカンファレンスを開催する。

 1946年の創業当初から、ソニーは「人のやらないことをやる」というチャレンジ精神のもと、時代を象徴する数々の製品・デザインを生み出してきた。

 『Sony Design: MAKING MODERN』では、「音楽を連れて歩く」というライフスタイルを生んだウォークマン®「WM-2」、ボイスコントロールに対応したスマートなワイヤレススピーカー「BSP-60」、Life Space UXシリーズのプロトタイプなど、1970年代から現代に至るまでのプロダクトについて、デザイン展示を行なう。

 また、ソニーデザインの今を知り、明日のデザインを考えるトークカンファレンスを期間中の28日に開催。ソニーのチャレンジ精神を体現するソニーデザインとは何か? ソニーが新たな価値をユーザーへ届けるとき、新規ビジネスを立ち上げるとき、それらをブランドコミュニケーションとして伝えるとき、デザイナー達は何を考え実践し、イノベーションを進めているのか。

トークカンファレンスプログラム
1. 「ソニーデザインの役割と深化」/長谷川豊(クリエイティブセンター長)
2. 「今に引き継がれるロボットデザイン」/沢井邦仁(デザイナー)
3. 「アートディレクションから生まれたCMFの現場」/詫摩智朗(チーフアートディレクター)
4. 「コンテクストを理解し、新たなコンテクスト創造する」/田幸宏崇(チーフアートディレクター)
5. 「なぜソニーはオリジナルフォントを創ったのか」/福原寛重(チーフアートディレクター)
6. 「ビジネスインキュベーションでのデザインの役割」/石井大輔(チーフアートディレクター)
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top