国際放送機器展 Inter BEE 2015 11月18-20日 | 東京IT新聞

国際放送機器展 Inter BEE 2015 11月18-20日

ソリューション クラウド

メディアビジネスのトレンドを示し、関連産業を牽引するメディア総合展示会として注目される「2015年国際放送機器展」(International Broadcast Equipment Exhibition 2015、略称:Inter BEE 2015)が、18日から20日まで、千葉市の幕張メッセで開催される。

主催はJEITA=電子情報技術産業協会。Inter BEEは「映像・放送関連機材部門」、「プロオーディオ部門」、「プロライティング部門」、「ICT/クロスメディア部門」の4部門で展示構成され、メディア産業に関わる人々の、年に一度の情報発信、情報交流のハブとして活用されている。

4K・8K超高精細映像などの次世代放送サービス、放送と通信の連携やICT利活用など、放送を取り巻くビジネス環境は変化している。また、音響・照明技術などを使用したライブエンターテインメント市場の拡大、アクションカメラなど映像撮影手法の多様化によるユーザー層の拡大、映像・オーディオのハイクォリティ試聴体験の広がり、超高精細大型映像の応用分野の拡大など、メディアとエンターテインメントのビジネス領域は、垣根を超えて拡大・進化している。

昨年のInter BEE 2014では過去最多の977社・団体が1773小間を出展、登録来場者数も過去最多の3万7959名と前年比19%増となった。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

ソリューション アクセスランキング

  1. 世界が注目!日本の技術&アイデアで「宇宙のゴミ」を網で大気圏へ落とす

    世界が注目!日本の技術&アイデアで「宇宙のゴミ」を網で大気圏へ落とす

  2. AI搭載のミニロボット「Cozmo」

    AI搭載のミニロボット「Cozmo」

  3. <湯川鶴章>人工知能が持つ「4つのレベル」、現時点の最終段階に達した

    <湯川鶴章>人工知能が持つ「4つのレベル」、現時点の最終段階に達した

  4. 「ペッパー」や「パルミー」などヒト型のロボ続々、人はどう使うか?

  5. <湯川鶴章>急速に進化する人工知能(AI)が人間社会にもたらす影響と未来

アクセスランキングをもっと見る

page top