【IoT】世界で通用するビジネスモデルを九州地方から 11月19日 | 東京IT新聞

【IoT】世界で通用するビジネスモデルを九州地方から 11月19日

コンシューマー 産業のIT化

テレコムサービス協会とICTビジネス研究会は共同で、ITの活用で地域・世の中を変えるビジネスプランを募集する「ICTビジネスモデル発見&発表会 九州大会」を、19日に熊本市のホテルニューオータニ熊本にて開催する。

「ICTビジネスモデル発見&発表会」は、世界へ通用するビジネスモデル創出、ならびに地域産業の活性化を目的とし、全国の企業や大学から、ICTを活用した技術・商品・サービスのビジネスプランを募集、優れた作品を表彰する。初開催の2014年は全国から200件の応募があった。

2回目の本年度は全国11カ所で地区大会が開催されている。当日は地元企業・学生23組によるプレゼンテーションが行われ、審査により全国大会進出者を決定する。2016年2月に東京で行われる全国大会では、グランプリのほか、総務大臣賞など各賞が決定する。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top