1億円のクリスマスツリー、展示・販売! | 東京IT新聞

1億円のクリスマスツリー、展示・販売!

ソリューション ものづくり

価格は税込1億円。貴金属ジュエリーのGINZA TANAKAは、ディズニー映画『シンデレラ』をモチーフとした純プラチナ製クリスマスツリー「ディズニー シンデレラ プラチナクリスマスツリー」を製作し、11月19日から12月25日まで銀座本店(東京都中央区)で展示・販売する。

高さ約2.5mの「ディズニー シンデレラ プラチナクリスマスツリー」は、らせん状のツリーに純プラチナ製のカボチャの馬車や魔法使いのシルエットを配し、主人公がツリートップのシンデレラ城へ向かうストーリーを表現している。らせん状のプラットフォーム以外、すべてプラチナ製だ。純プラチナ約9kgを使用した。

ツリーから吊り下がる装飾は、GINZA TANAKAのジュエリーコレクション「ファセット ミラクル」のパーツを使用し、シンデレラが魔法に魅せられていく様子を演出。背景のシンデレラのシルエットは、上半身が純プラチナ製の板だ。ツリーの中心部分に置かれた“ガラスの靴”も純プラチナ製で、3ctのダイヤモンドをデザインした。靴のサイズは23cm。

2015年に実写版映画も公開された『シンデレラ』は、女性の憧れであり、普遍的に愛されているストーリーだ。GINZA TANAKAでは、顧客に永く愛され続けるブランドでありたいという願いを込めて、『シンデレラ』がテーマのクリスマスツリーを製作した。靴や背景のシルエットも含めた価格が1億円となっている。

クリスマスツリーにはGINZA TANAKAの貴金属加工技術を訴求する目的もある。GINZA TANAKAではツリーを2011年から作製しており、純プラチナを使用したクリスマスツリーは2015年に続いて2度目。なお販売実績は公表していない。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top