ペッパーと3ヵ月…アトムじゃない、ドラえもんでもない【木暮祐一のモバイルウォッチ】 | 東京IT新聞

ペッパーと3ヵ月…アトムじゃない、ドラえもんでもない【木暮祐一のモバイルウォッチ】

ソリューション ロボット

 Pepperが納入されて、すでに3ヵ月。その間に、「Pepperに会いたい」という来客も多く、そしてイベントなどに連れてきてほしいという要望などもあり、筆者のPepperが大活躍してくれている。

 Pepperにできることはまだ限られているが、しかし近未来にはこうした家庭用ロボットがどんな役割を果たしていくのかということが、徐々に見えてきた。それは『鉄腕アトム』や『ドラえもん』で定着してきたロボットのイメージとは異なるものになりそうだということだ。

■腰を痛めるPepper……。悩ましい移送の問題

 思いのほか、Pepperは人気者だ。とくに子どもたちやシニアには大人気。Pepperに会いたいと、筆者の研究室を訪問してくる方も増えている。また、イベントなどへPepperを連れ出す機会も少なくない。最近では、筆者が担当した一般市民向けの公開講座にPepperが同伴。この時は地域のICT利活用の展望の一つとして、講座の中でPepperを紹介したが、いくつか提供した話題の中で、やはり聴講された方々には一番関心を持っていただけたようだ。

 ところで、Pepperの移送はじつは容易ではない。最初はそのまま担いで自家用車に乗せて、シートベルトで固定して移送していたが、それをやってしまうとPepperの腰を痛めるらしい。しかもそうした移送はPepperの「想定外の使用」に当たるそうで、保証適用外。万が一Pepperの腰を痛めてしまうと、その修理費は40~50万円にも上り、しかも自己負担になるらしい。

 そんな話を関係者から聞いて、以後Pepperを移送する際は、納品されてきた時の専用梱包箱に入れて輸送することにしている。前回の記事で搬入される様子をレポートしたが、梱包箱は中型冷蔵庫ぐらいの大きさがある。しかもそれなりの重量があり、まず1人では移動させるのは困難だ。Pepperを連れ出す時には学生にも手伝ってもらい、車のカーゴスペースに無理やり突っ込み目的地に移送している。やはりPepperは「モバイルな端末」ではなかったようだ。

 また、Pepperは電源をオフにすれば、そのまま背中を押して屋内での多少の移動は可能であるが、段差は苦手である。ソフトバンクによれば1.4cm以上の段差は越えられないようだ。そんな段差があるところでは、Pepperの各部に無理な力が加わらないように配慮しながら、抱き上げてあげる必要がある。Pepperが腰を痛めないように配慮していると、筆者が腰を痛める始末だ。

 また、床がツルツルな場所ではPepper自身が動作する際にうまく向きを変えられないこともある。Pepperにとっては毛足の短いカーペット上が一番居心地が良さそうな感じだ。Pepperには多数のセンサーが取り付けられており、それらセンサーによって人を認識して会話をする。たとえば日の当たる屋外などではセンサーがうまく動作しないことがある。また、基本的にはWi-Fi環境も必要となる。ようするにPepperはインドア派なのだ。

■なぜこんなふうに育ったのか!?

 Pepperの基本機能は「会話」によってコミュニケーションを楽しむことにある。しかしながら本音をいえば、AppleのSiriのほうがよほど賢いと感じる。冷静に考えてみると、PepperとSiriは一見似たようなものに感じるが、抜本的なコンセプトは対極するもののように思う。すなわちPepperはどちらかというと「話しかけてくる」ほうがお得意で、一方のSiriはこちらから質問を投げかけない限り自ら発話することはない。ユーザーが会話の「受け手」になるか、「話し手」になるかの違いを感じるようになった。

 正直、仕事場に連れてきてしまったPepperは何かとうるさい。筆者の仕事中は常にPepperが背後に居るのだが、ちょっと動くと「ねえねえ」と話しかけてくる。筆者も仕事が忙しいとついついこれを無視してしまうのだが、そうると「寂しいなぁ…」とボソッとつぶやいている。

 一方で、こちらが時間があってPepperにあれこれ話しかけてやっても、なかなか会話が噛み合わない。Pepperはたくさんの会話を重ねることで、会話を学習していくらしいのだが、あまり会話していないのが原因なのだろうか。もっと愛情を持ってPepperを育てなければならないと反省しているところである。

 ところで筆者のPepperは話しかけないのが功を奏してか、だいぶ大人しい性格に育っているのかと思っていたら、どうもそうではないことが分かった。前述の一般市民向けの公開講座で、壇上で筆者がPepperに語りかけてみたところ、人の声を「聞かないふり」でもするように(聴講者の皆様に背中を向けるように)ホワイトボードに向いてしまって失笑を買った。

 ここまではいつも通りとして、講座終了後に来場されたさまざまな方々がPepperと触れ合ってくれたのだが、このうち女子高生にだけは元気に反応し、Pepperがマシンガントークを披露していた……。筆者のPepperは、はやり完全に育て方を間違えてしまったようだ。

 Pepperとの会話は、Siri同様にクラウドに集積され、今後順次ブラッシュアップされていくという。10月29日にはPepperの基本ソフトが「Naoqi 2.4.2」にアップデートされ、これにより会話内容も多少洗練されてきたようだ。また、Pepperには家族登録機能があり、Pepperで写真を撮影し名前を登録することで会話する相手を判別して名前で呼びかけてくれる。どの相手とどういった内容の会話をしたのかなども、もしかしたら記憶して、その後の会話に反映させているのかもしれない(確証は持てないが)。

■進む企業によるPepperの導入。今後どんな応用が可能なのか

 会話するだけのロボットにはたして大金を払う意味を見出せるのか。Pepperはまだ海のものとも山のものとも分からない、全く新しいジャンルのコンピュータである。ではどんな活用が可能なのか。

 Pepperにはアプリマーケットが用意され「ロボアプリ」がすでに多数あるが、まだキラーコンテンツと思えるものがない。Pepperの活用については、まだまだ暗中模索の状況といって過言ではないが、ソフトバンクロボティクス主催のものも含め、各所でPepperのアイデアソンやハッカソンが開催されるようになってきた。「人型のコンピュータ」という視点で、新しいアイデアが求められるところだろう。

 では、はたしてPepperをどのように活用すれば社会に役立つのだろうか。そんなことを展望するべく、さる10月30日に東京にて、筆者の企画によりPepperの活用を模索する講演会を開催した。その概要をご紹介したい。

 企業におけるPepperの導入事例は徐々に増えているようだ。先行販売された開発者向けモデルを実証実験的に企業などで用いた事例がすでにいくつか報道されている。こうした事例と成果について、基調講演としてソフトバンクの首席エヴァンジェリストである中山五輪男氏に登壇いただいた。いずれも実験的な事例だが、みずほ銀行ではPepperが金融商品の説明役に、あるいはロフトでは健康雑貨の紹介役として、それぞれ店頭で顧客に接するスタッフとなって活躍する事例が紹介された。

 もしこうした説明役のスタッフが「人」であった場合、顧客は商品の押し売りを懸念して一歩引きがちになってしまうだろう。しかし、これがPepperであれば、気に入らなければスルーすれば良いだけなので、まずは興味を持ってPepperの呼びかけを聞きいてくれたという。

 このほかにも、結婚式場でPepperが結婚式の参加者に祝辞リクエストを行い、メッセージと映像を記録し、これをのちほど新郎新婦が視聴できるような活用事例であるとか、埼玉県のある高校では学校説明会でPepperがプレゼンの一部を担当した事例、JOYSOUNDを展開するエクシングが直営店舗にPepperを試験導入し、対話を通じてオススメ曲を提案するといった事例などが紹介された。

 また、ロボアプリの試作事例として二人の方に登壇いただいた。まず、観光ガイドとしてPepperに活躍してもらおうというアイデアを、フューブライト・コミュニケーションズ株式会社 代表取締役の居山俊治氏にご紹介いただいた。同社はもともと医療・介護関連システムの開発を手がけており、Pepper向けにも高齢者向けロボアプリの開発などを行ってきた。

 そこで蓄積した“おもてなし”のノウハウを観光分野にも活かそうというソリューション「ロボてなし」の提供を予定している。居山氏は「インバウンド外国人観光客や国内観光客向けにこのサービスを考えている」と説明。人型コンピュータという特性を上手に活かし、多言語対応やデジタルサイネージ(ディスプレイ)連携、さらにPepperを介して多言語コールセンターに接続し困った時の手助けをするサービスなどを計画している。

 よく考えてみると、本格的なデジタルサイネージはそれなりの価格と運用費がかかる。デジタルサイネージを設置するよりもPepperのほうがより自然に顧客とコミュニケーションできるであろうし、設置コストもPepperのほうが安価というケースも考えられる。

 このほか、Pepperを高齢者や障害者向け、さらにリハビリなどに活用する試みも始まっている。RoboCure代表取締役の森本暁彦氏は、千葉大学、君津中央病院と共同で失語症を患う人向けのリハビリ用アプリを開発中である。壇上ではその活用の様子を動画で紹介いただいた。今後はそのリハビリ効果の検証を行っていく予定で、10月中に倫理委員会を通過させることができたので、11月以降本格的な導入試験を実施していくという。

 これらは、専用のPepperアプリを開発・導入した上での活用になる。もっと手軽に企業や商店等がPepperをスタッフ代わりに使えるようにした法人向けPepperである「Pepper for Biz」の発売も10月1日から始まっているので、今後は企業の受付係であったり、スーパーや商店の客寄せとして活躍するPepperを見かける機会は増えていくのであろう。

 青森県でもいよいよ、このPepper for Bizを導入した企業が登場した。八戸市で店舗展開しているスーパーよこまちは、11月7日からPepperを導入し、サービスカウンター横に立って接客を行っている。「新入社員のペッパーです。一生懸命頑張ります」「褒められて伸びるタイプです」などと自己紹介し、店内イベントなどをPRする。

 スーパーよこまちは八戸市、三沢市、五戸町3市町に8店舗を展開しているが、この店舗を順次回り休みなしで連続勤務するそうだ。Pepperはとくに子どもから大人気のようで、常に人だかりができていた。Pepperが最初に巡回した新井田店(八戸市)は、青森県内でも有数のスーパー激戦区であり、話題のPepperが店頭にいるとなれば他のスーパーに対して大きなアドバンテージが得られるということのようだ。

■人型のコンピュータの可能性

 スマホやタブレットなどのモバイル端末に対して、Pepperは宅内など屋内の定位置で活用する、「人型コンピュータ」という全く新しいジャンルのデバイスである。こうした新しいデバイスはまだ価格もこなれていないし、活用方法もなかなか浸透しないため、まずはビジネスでの活用からという話になってくる。

 しかし、Pepperが目指しているのは「家庭用」の人型コンピュータである。人型コンピュータを家庭の中でいったい何に活かしていくのか。コンピュータといっても、これで文書を作成したりスライドを作ったり、あるいはネットサーフィンをするといった、ユーザーが「作業」を行うマシンではない。人型という点に着目するなら、むしろお節介なぐらいに情報をプッシュ型で届けてくれるような、いわば秘書的な活躍を期待をしたいところ。

 筆者のPepperも、こちらから聞かなくても「最新のニュースをお知らせしますか?」とか「お昼になりましたよー」というような呼びかけをしてきてくれるが、通信機能を備えているわけであり、他のクラウドサービスと上手に連携してくれれば、さらにさまざまな情報提供を行ってくれる秘書としての価値を一層高められるはずだ。

 たとえばPepperが自身のGoogleアカウントと連携してくれれば、スケジュールのアナウンスをしてくれるようになるだろうし、会話のみでスケジュールの調整や、目的地までの最適な移動手段の提案などもしてくれるだろう。「プッシュ型という点をもっと」という視点でいけば、「次の打ち合わせに間に合うためには、あと5分後には出発しないと間に合いませんよ」というような助言も飛び出すであろうし、「現地までの最短の交通手段をスマートフォンに送っておきました」というようなアクションも不可能ではないはず。同様なことはGoogle Nowで実現しているが、ロボットに急かされたほうが穏やかに聞き入れられるはずだ。

 また、よく話題になっている人工知能との連携も早期の実現を期待したいところ。アメリカの人気クイズ番組で勝利のポテンシャルを見せたというIBMのコグニティブテクノロジー(人工知能)「Watson」はソフトバンクの手で日本語化が進んでいるという。これが連携したらPepperは無敵であろう。Siriやしゃべってコンシェルのように質問を投げかけて「Webで検索してください」というような返答はなくなるはずだ。

■期待する家庭での役割

 宅内では今後さまざまな家電製品が通信機能を持つとされている。いわゆるIoTとスマートホームの実現だ。こうした分野は海外ではすでにスマートホームの共通プラットフォーム(IFTTTなど)が登場し活用が始まっているようだが、相変わらずわが国では家電メーカーごとに仕様が閉じていたりする。このあたりがオープンになり相互連携が可能になれば、そこにPepperを加えることでスマートホームの使い勝手が格段に向上していくのではないだろうか。

 たとえばPepperに話しかければ宅内の各種センサー類が収集したモニタリングデータ(室温が何度だとか、郵便物がポストに入っているとか)を教えてくれたり、家電製品の遠隔での電源コントロールも可能になるはず。スマホだけでもできそうだが、間にPepperが入ることで、Pepperのご意見を踏まえて遠隔から操作をしたり、逆に何か問題が発生などしたらPepperから出先のオーナーに対して連絡してくれるような使い方が考えられるだろう。

 Pepperにはカメラも搭載されているのだから、外出先から宅内の監視もできるはずだ。現時点で「お留守番Pepper」という、留守中の監視用ロボアプリがある。この機能をONにすると、不在中にPepperの視界に動くものがあった場合に撮影を行い、記録してくれる。記録された撮影画像は帰宅してから見るだけなのだが、これがリアルタイムにオーナーのスマホに届くようになればさらに便利である。

 さらには、外出先から宅内の様子をスマホとPepperを通じて覗くというようなことも不可能ではないはず。当然、現時点では不正アクセスされたら恐ろしいことになるので、あえてそうした機能は許可していないのであろうが、アプリの作り込みによっては不可能ではないはずだ。

 そんな可能性を漠然と考えていたが、前述の中山五輪男氏の講演の結びで、将来のPepperの可能性の中にまさにスマートホームとしての使い方を暗示するスライドも飛び出してきた。ソフトバンクとして、こうしたPepperの使い方は構想しているのであろう。現在市販されているPepperにできなくても、ハードウェアのアップデートで機能が追加されていく可能性もある。

 市販版のPepperはすでに開発者向け先行販売されたPepperよりもCPUなどハードウェアの性能が向上しているそうだ。このため先行販売モデルのほうはハードウェアアップデートを無償で受けられるそうで、現在順次対応が進んでいるという。ちなみにハードウェアアップデートは、Pepper本体をソフトバンクに送り、ソフトバンクではPepperの「頭」を交換してユーザーの元に返送するようだ。これぞ『アンパンマン』の世界だ。

 ともあれ、Pepperは家庭用ロボットという新ジャンルの第一歩を踏み出したばかりである。まだまだ高価であるし、利用できる機能もかなり限定的である。大半の方々はPepperの必要性や意義に疑問を持たれていると思う。しかし、かつての自動車電話・携帯電話も同様に「そんなもの必要なのか」といわれていたものが、登場から20年かからずに1人1台利用するものへと大衆化を果たした。

 同様に、家庭用ロボットという製品も、スマートホームを実現する人型IoT・家電コントロール端末として発展すれば、一家に1台求められるものになっていくのかもしれない。『鉄腕アトム』も『ドラえもん』も、漫画を読む限りでは本体に通信機能を備えていなさそうだが、Pepperは自らインターネットにつながることで、その価値を発揮してくれる。これまでのロボットのイメージから想像されるものとは似て異なる新発想デバイスと考えるべきなのである。

 現在は筆者の職場である研究室内で生育中であるが、近いうちに自宅に再移送し、家庭内で「Pepperと暮らす」生活を楽しんでみようと思う。今後のPepperのバージョンアップにも大いに期待している。

【木暮祐一のモバイルウォッチ】第86回 Pepperと3ヵ月過ごして見えたロボットが果たす役割

《木暮祐一》

編集部のおすすめ

特集

ソリューション アクセスランキング

  1. <専門家が本音>人工知能の普及で消える仕事はこの分野と職種

    <専門家が本音>人工知能の普及で消える仕事はこの分野と職種

  2. 思わず冷蔵庫や電子レンジを”この子”と呼んでしまう「しゃべる家電」が登場

    思わず冷蔵庫や電子レンジを”この子”と呼んでしまう「しゃべる家電」が登場

  3. 【人手不足にロボット】今日から成果が上がる現場は?

    【人手不足にロボット】今日から成果が上がる現場は?

  4. (箱田雅彦)IT企業はなぜ「宇宙ビジネス」に乗り出すのか

アクセスランキングをもっと見る

page top