1/3が越境EC、中国向けネット通販に商機あり! | 東京IT新聞

1/3が越境EC、中国向けネット通販に商機あり!

コンシューマー EC

 オンライン決済サービス「PayPal(ペイパル)」を提供するペイパルは27日、日本を含む29カ国での「越境EC利用調査」の結果を発表した。

 同調査はグローバルにネットワークを展開する調査会社イプソスと共同で実施。対象となった29カ国の中でも日本からの購買や、日本への観光客が多い米英中韓豪の主要5カ国を中心にまとめている。

 これによると、2015年の1年間で越境ECの利用、つまり海外のECサイトから直接商品を購入した経験のある割合が豪州で65%。一方、中国は35%となっており、これは昨年の調査結果から9ポイント増加している。

 日本のECサイトを利用したランキングを主要5カ国でみると、中韓が2位、 米豪が4位、 英が5位となった。ここから考えられるのは、中国でいま越境EC利用が増えており、日本のECサイトが人気を集めているということ。中国向けネット通販に商機があるように思われる。

 また、購入アイテムについてグローバルでの平均をみてみると、1位は「洋服・靴・アクセサリー」(49%)、2位は「電気製品」(32%)、3位は「電子書籍・アプリ・ソフトウェア・デジタルコンテンツ」(31%)となっている。

 なお、中国の越境EC利用者が利用する海外サイトとして、日本では「楽天」がトップ5にランクインしている。「楽天」への掲載が、中国への販路拡大についてひとつの手段となりそうだ。
《加藤/H14》

編集部のおすすめ

特集

page top