北海道が道外からの人材獲得ねらう 地方創生 | 東京IT新聞

北海道が道外からの人材獲得ねらう 地方創生

エンタープライズ 行政

 北海道は1日、北海道中小企業総合支援センター(札幌市・経済センタービル9階)に「北海道プロフェッショナル人材センター」を開設した。

 このセンターは専門的な知識と豊富な経験を備えたプロフェッショナル人材を、道外から呼び込むことを目的としたもの。人材の採用によって新たな商品やサービスの開発、販路の開拓、生産性の向上など、企業の成長戦略の具現化が期待される。

 センターの主な活動は、プロフェッショナル人材活用による経営改善の意欲喚起のためのセミナーの開催、企業訪問等によりプロフェッショナル人材活用による経営改善等の意欲を喚起、金融機関・民間人材紹介事業者・商工団体等との連携のための協議会を開催、プロフェッショナル人材ニーズを民間人材紹介事業者に繋げサポートなど。

 2月公表の総務省「住民基本台帳」によると、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一都三県において、転入者が転出者を上回った年が19年連続してきた。この間、人口の首都圏一極集中が一向に改善されず、地方の人材不足が大きな課題となっている。

 そこで内閣府はみずほ情報総研に委託し、「プロフェッショナル人材戦略全国事務局運営事業」を推進しているが、地方はプロフェッショナル人材の獲得に積極的。今回の動きもその一環で、地方創生の足掛かりとして注目される。

地方がプロフェッショナル人材の獲得に続々、北海道はセンター開設

《加藤/H14》

編集部のおすすめ

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバー】Q&A / 株主から取得の必要はある?

    【マイナンバー】Q&A / 株主から取得の必要はある?

  2. <ITビジネス法務>「準委任」の契約書は印紙が不要になるという事実

    <ITビジネス法務>「準委任」の契約書は印紙が不要になるという事実

  3. 【インターロップ】8日開幕…見どころは仮想化とIoTの流れ

    【インターロップ】8日開幕…見どころは仮想化とIoTの流れ

  4. 昼食無料は当然!“昭和企業”では考えられないネット大手の手厚い福利厚生

  5. 紙の新聞は減るばかり Web展開で模索が続く大手新聞社は生き残れるのか

アクセスランキングをもっと見る

page top