学べば学んだ分、形になる……鈴木朝子さん | 東京IT新聞

学べば学んだ分、形になる……鈴木朝子さん

エンタープライズ 企業動向

 今回のエンジニア女子は、シロクの鈴木朝子さんに登場いただきました。

-- 現在どのような業務を行っていますか?

 開発者向けの運用改善ツールを提供している事業部で、プッシュ通知解析・配信ツールの「GrowthPush」をはじめとしたサービス運用改善ツールの開発をしています。具体的には、「Growthbeat」をプラットフォームにしている、「GrowthPush」、「GrowthMessage」、「GrowthAnalytics」と3つのサービスを横断的に見てサーバーサイドの開発や、ディレクションをしています。

-- そのような業務の中でご自身が大事にしている点や気をつけていることはなんですか?

 小人数で複数サービスの開発を行っており、全員が自分の主担当以外のサービスも触れることができるよう、仕様やドキュメントを残して、途中から入った人でもすんなり業務に入れる環境が必要であると思っています。スピード重視だったものを、スピードも落とすことなく、後々のことも考えて動けるようにしていきたいです。

-- エンジニアを目指したきっかけを教えてください

 中学生の頃、ホームページを作ったのが始まりでした。そこから自分のページを可愛くするために画像加工をしたり、とにかく素敵な挙動をしているページがあったらCSSやHTMLを使って真似してみたりしていました。最初はコーディングしかできなかったのですが、除々にサーバーサイドに興味がわき、初めて黒いコンソール画面の操作方法を教えてもらった時は感動しました。

-- どういった方がエンジニアに向いていると思いますか?

 考えていることを自分の手で実現したいという欲がある人。「こんなのあったらいいな」、「こんなの使ったら便利だな」という好奇心があると、学習意欲も湧くし、実際に出来上がった時の感動、そしてそれを使っている人がいるという嬉しさを感じることができると思います。

-- 今後はどのようなエンジニアを目指していきたいですか?

 やりたいことや考えてはいても実現できず立ち止まっている物事を、実現できるようなエンジニアになりたいです。影の立役者として、チームや組織を整理したり、物事を円滑に進められるキーパーソンになれたら嬉しいです。

-- いまの仕事を選んで良かったと思えることはなんですか?

 学べば学んだ分だけ目に見える形でアウトプットすることができるのが楽しいです。まだまだわからないことがたくさんありますが、理解していない部分を把握して、理解するように努力すると、一歩前に進めた気分になります。自分のアウトプットが見えやすいのが魅力だと感じています。


■ ひとくちメモ

Q.好きなプログラミング言語とその理由
A.「Java」。サーバーサイドエンジニアとして入社して初めて触れた言語で、私の中のプログラミングの根幹となる言語だから

Q.お仕事帰りに寄るお店(居酒屋など)とおすすめメニュー
A.「渋谷マークシティ」地下の“のれん街”にある和菓子屋さん。季節の和菓子を買って帰るのが楽しみ

Q.ストレス発散法
A.キャンプで自然のなかで過ごしたり、マラソンやゴルフで体を動かしたりすると、スッキリします。

Q.好きな休日の過ごし方
A.予定の無い日はアニメを見ています。日常系のほのぼのアニメを見ることが多いです。

Q.最近ハマっているお仕事とは関係のないスマホアプリ
A.ファッションコーディネートサイト「WEAR」を最近出勤前の洋服選びにかなり参考にしています

Q.理想の男性像
A.尊敬できる部分がある人

※RBB TODAYから転載。
《田中沙織》

編集部のおすすめ

特集

page top