「ペッパー」アプリ導入の相談にのってくれるカフェ、オープンへ | 東京IT新聞

「ペッパー」アプリ導入の相談にのってくれるカフェ、オープンへ

ソリューション ロボット

 M-SOLUTIONS(M-SOL)とサイボウズは3日、サイボウズ東京日本橋オフィス内に、kintone-Pepper連携に関する相談やデモ見学ができる「Pepperアプリ導入相談Cafe」をオープンすることを発表した。完全予約制で、10日よりオープンの予定。

 これまでM-SOLは、20以上の法人向けPepperアプリケーションを開発。サイボウズとは、同社のクラウド型業務開発プラットフォーム「kintone」との連携ソリューションを共同開発している。2015年には、kintoneからPepperの動作を設定できる「kintone GETボックス」、Pepperからkintoneに自動でデータ登録できる「kintone POSTボックス」をリリースしている。

 今回、これらの連携の問い合わせ窓口として、導入相談Cafeを開設する。M-SOL社員が直接相談や疑問に対応し、各アプリの活用方法を紹介する。オフィスにはPepperを使ったデモも常設される。今後は、サイボウズの東京オフィスをPepperの実証実験の場として活用していく予定。 所在地は東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー27F(サイボウズ東京オフィス)。営業時間は毎週木曜日10時~18時(最終受付時間は16:30)で、完全予約制。

「Pepperアプリ導入相談Cafe」、サイボウズ東京オフィス内にオープン

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top