運送会社の非稼働時間を利用して低価格 マッチング | 東京IT新聞

運送会社の非稼働時間を利用して低価格 マッチング

コンシューマー サービス

 ネット印刷事業などを展開するラクスルが、配送業のマッチングサービス「ハコベル-hacobell-」を正式リリースした。PCやスマートフォンアプリでドライバーとマッチングし、配送予約から支払いまでを行う。

 ハコベルの特徴は、マッチングする各運送会社の非稼働時間を利用している点。従来遊休時間になっていた隙間時間を活用することで、運送料金を低減する。

 また、料金は運送距離によって決まる仕組みで、利用するカーゴ便や軽トラックに積載可能な範囲であれば、どれだけ荷物の量が多くても料金は変わらない。発注後は配送状況などをネットで確認できる点や、ユーザーが利用後にドライバー評価を行える点なども特徴となっている。

 予約申し込みは24時間対応で、現時点での集荷対応エリアは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、福岡県。イベント会社のように1回に大量の荷物を運ぶ必要がある業種や、小売店のように催事を行うため頻繁に什器を搬入を行う業種など、さまざまな事業者をターゲットとして展開していく。

 12月25日までは法人の初回配送限定で料金が半額となるキャンペーンを実施している。割引額は最大1万円。

運送会社の非稼働時間を利用で低価格マッチング、サービスイン

《こばやしあきら/H14》

編集部のおすすめ

特集

page top