【下町ロケット】視聴率20.4%…佃製作所、コンペに敗れる! | 東京IT新聞

【下町ロケット】視聴率20.4%…佃製作所、コンペに敗れる!

エンタープライズ 企業動向

TBSテレビで6に日第8話を放送した日曜劇場『下町ロケット』が、平均視聴率20.4%、瞬間最高視聴率22.2%を記録した(数字はいずれもビデオリサーチ調べ。関東地区)。

瞬間最高視聴率、22.2%を記録したのは21時51分。終盤、臨床試験が始まった人工心臓「コアハート」を移植した患者の容態が急変し、アジア医科大学心臓血管外科部長の貴船教授(世良公則)が応急処置室に駆け付けるシーンだった。

ドラマの原作は直木賞を受賞した池井戸潤の同名小説。現在放送しているドラマ後半部分の原作は『下町ロケット2 ガウディ計画』。

バルブシステムの部品供給に関するコンペで椎名(小泉孝太郎)率いるサヤマ製作所に敗れた佃航平(阿部寛)と佃製作所。しかし佃は諦めることなく、「ガウディ計画」に全社一丸となって臨むことを決意。そんな中、貴船教授(世良公則)が推し進めてきた人工心臓を移植された患者が亡くなってしう。さらに次回からはフリージャーナリスト・咲間倫子役として高島彩も登場する。

セミファイナル第9話は15分拡大SPで13日放送予定。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top