リソースをリアルタイムにモニタリング | 東京IT新聞

リソースをリアルタイムにモニタリング

コンシューマー 産業のIT化

24時間365⽇のフルマネージドサービスであるcloudpack(クラウドパック、運営:アイレット)は、cloudpackの運⽤保守を契約しているユーザーを対象に、システムの稼働状況をモニタリングするためのダッシュボードを提供する。アイレットが8日、発表した。

cloudpackは、AWS(アマゾン ウェブ サービス)を基盤としたサービス。Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)をはじめとするAWSの各種プロダクトを利⽤する際の、導⼊・設計から運⽤保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365⽇の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを⾏なっている。

『Datadogダッシュボード』オプションを利⽤すると、リアルタイムにリソースの状態をグラフィカルに統合された画⾯でモニタリングできるほか、最⻑で過去1年前まで遡って稼働状況を可視化できる。利⽤料金は、初期費⽤無料、⽉額1万0800円。

ダッシュボードでは、例えばサーバーの負荷が上昇し続け、サーバーリソースの追加対応などが必要な場合に、cloudpackの運⽤チームが監視しているのと同じ状況をユーザー⾃⾝が確認ができる。また、ウェブを使って新たなキャンペーンを⾏なう際に、過去の同様のキャンペーンと⽐較して必要なリソースボリュームを予測できる。

モニタリングツールには、サーバー監視サービス『Datadog』を利⽤する。ユーザーには個別の『Datadogダッシュボード』URLが発⾏され、ウェブブラウザでアクセスする。cloudpackが提供する標準ダッシュボードでは、現在利⽤しているAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)やAmazon Relational Database Service(Amazon RDS)など稼働状況をモニタリングできるほか、要望に応じて各種ミドルウェアなどを追加できる。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top