【アプリ】ウェブを浸食…2016年に注目すべき10大トレンド | 東京IT新聞

【アプリ】ウェブを浸食…2016年に注目すべき10大トレンド

ソリューション クラウド

App Annie(アップアニー、本社:米サンフランシスコ)は、2016年に注視すべきアプリの10大トレンドを分析したレポート、「2016年アプリトレンド予測:tvOSからGoogle Now on Tapまで、アプリがウェブを浸食」を発表した。

2015年には、サブスクリプションやアプリ内広告の増加などに見られるマネタイズの進化、新しいデバイス規格とプラットフォームの登場、それによる開発者およびパブリッシャーのリソースをめぐる競争の激化などが展開、そして優れたユーザー体験を提供できるアプリは、ウェブ上でのユーザーの消費時間や消費金額を“浸食”している。

App Annieでは、2016年は、tvOSとGoogle Now on Tapが、アプリエコシステムの形成に主要な役割を担うと予想する。加えて、ウェアラブル、eスポーツ、メッセージング、仕事効率化アプリなどさまざまな分野でがイノベーションが進むと見込む。レポートではそれらの分野を含む2016年の10大アプリトレンドを紹介している。

レポートで紹介されている2016年のアプリ10大トレンド概要
●Google Now on Tap:ディープリンクでアプリの発見が容易に
●eスポーツ:ゲームパブリッシャーにとって新たな収益ストリームに
●メッセージング:文化的要因による分断が続く
●O2Oサービス:アジアに整理統合の波
●仕事効率化アプリ:新しい入力方法がアプリのイノベーションに拍車をかける
●金融サービス:変革を迫られるリテールバンク
●tvOS:スマートフォンのセカンドスクリーン化が加速
●YouTube Red:インディーコンテンツの拡大
●ウェアラブル:特化型および企業向けの用途へ
●拡張現実(AR)と仮想現実(VR):強力なコンテンツプレイヤーが導入を開始、2016年にはさらに加熱

App Annieは、「アプリがウェブを浸食している」という。アプリはますます、人々がより多くの時間とお金を費やす場所になっている。アプリは新しい市場パラダイムを生活のほぼすべての側面にもたらす上で欠かせないという。

App Annieが北米や欧州で複数の小売業者から聞いたところ、アプリ内での購入額はウェブでの購入額をはるかに上回っている。パブリッシャーからのユーザーを対象とするメールは、ユーザーをウェブサイトに誘導するよりも、アプリの起動を行動喚起として用いるケースが増えている。

また、ディープリンクがますます浸透し、アプリ間でデータをやり取りしたり、画面を切り替えたり、ウェブ検索でアプリを表示したりすることが可能になっている。Apple WatchやApple TVといった、比較的新しいデバイスのプラットフォームにはブラウザがない。このためパブリッシャーは、一部モバイルで行われているようにアプリ内にブラウザを埋め込むことができない。

App Annieは、アプリは、コンテンツ、エンターテインメント、ユーティリティ、仕事効率化、ショッピング、交通サービスを提供する新たな標準技術となっている、と分析する。そして2016年もまた、さまざまな開発やリリースで活気づく、と予想している。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top