複数メーカーのPOSデータを統合管理 | 東京IT新聞

複数メーカーのPOSデータを統合管理

コンシューマー サービス

 飲食店・レストラン経営者を対象とした予約・顧客管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」を提供している株式会社VESPER(東京都中央区)は、12月21日より同システムに業界初となる”複数POSメーカーとの連携による新機能”を追加すると発表した。

 同社が発表したのは「POS連携台帳」。国内シェアトップ2社と海外大手1社を含むPOSメーカー5社と連携し、これまでバラバラに管理されていた予約・顧客台帳とPOSデータを、顧客の予約・配席管理から注文内容、決済データまで統合して管理するという。

 従来型・クラウド型を問わず各種のPOSシステムと連携させる同機能。飲食店予約サイトごとに利用者情報を管理できることから、予約ルート別に利用状況を明確に分析できる。そのほか、集客プロモーションの最適化、ライフタイムバリューの向上、優良顧客の分析・判断、より高度で重要な経営指標の見える化にも貢献するとのことだ。

 「今までにないレストランマネジメントを可能にする」と語るPOSデータ連携機能。利用者データを分析することで、繁盛につながるヒントが見つかりそうだ。

飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

《オフィス本折/H14》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  2. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  3. <IT坊主の説話>禅語にある「竹」の深い意味、強くしなやかな企業のあり方

    <IT坊主の説話>禅語にある「竹」の深い意味、強くしなやかな企業のあり方

  4. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  5. <東京IT新聞10/22号PDF版公開>日の丸スマホは浮上できるのか

アクセスランキングをもっと見る

page top