訪日外国人はどこにいる?…インバウンド・サテライト | 東京IT新聞

訪日外国人はどこにいる?…インバウンド・サテライト

コンシューマー サービス

 訪日外国人向けに提供されている無償Wi-Fiサービスの位置データを、インバウンドビジネスに活用するサービスが登場する。ワイヤ・アンド・ワイヤレス(東京都中央区)とアクセンチュア(東京都港区)は16日、「インバウンド・サテライト(Inbound Satellite)」を発表した。

 ワイヤ・アンド・ワイヤレスでは2014年12月から提供のWi-Fiサービス「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」の情報を利用。アクセスポイントから生成される“匿名化された訪日外国人の位置情報データ”を分析することにより、訪日外国人の動態や使用言語などの情報に基づく効果的なプロモーション施策を実施できるという。

 さらに、同サービス向けの機能として、訪日外国人の動態をマップに可視化する「インバウンド・レーダー(Inbound Radar)」の提供をスタート。指定の言語を話す外国人が、どのぐらいの人数で滞在しているのかをマップ上に表示する。

 個人でもID登録が可能な同サービス。首都圏だけでなく地方都市で外国人向け商機の拡大を目指す際にも利用できるため、地方創生に貢献するサービスであると同社は説明している。

訪日外国人の位置情報を活用、「インバウンド・サテライト」とは

《オフィス本折/H14》

編集部のおすすめ

特集

page top