トヨタが人工知能のエキスパート企業と関係強化 | 東京IT新聞

トヨタが人工知能のエキスパート企業と関係強化

ソリューション 人工知能

トヨタ自動車とPreferred Networks社(PFN、本社:東京都文京区)は、主にモビリティ事業分野におけるAI(人工知能)技術の共同研究・開発を進めることを目指し、トヨタがPFNに出資することで合意した。トヨタが17日に発表した。

出資金額は10億円。トヨタは、2015年12月30日付で、PFNが第三者割当増資により発行する株式を引き受ける。

PFNは、自然言語処理技術、機械学習技術分野で世界トップレベルの技術力を有するベンチャー企業Preferred Infrastructure社から、IoTにフォーカスしたリアルタイム機械学習技術のビジネス活用を目的にスピンオフし、2014年3月に設立された企業だ。

トヨタは、自動運転をはじめとした、次世代のモビリティ社会の実現に向けた技術の研究開発に取り組んでいる。特に(1)運転知能=Driving Intelligence、(2)つながる=Connected Intelligence、(3)人とクルマの協調=Interactive Intelligenceの、3つの領域に力を入れている。

トヨタは、PFNが強みとする、機械学習やディープラーニングをはじめとしたAI分野での独自の高い技術力を活かす。PFNは、モビリティ事業分野においては、今回の出資を通じてトヨタとの連携を強化する。

なおトヨタは、2016年1月、米国で開催されるCESにおいて、PFNの技術を自動車に応用する可能性のコンセプトの一つとして、「ぶつからない」ことを学習する「分散機械学習のデモンストレーション」を実施する。


《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top