「地域×デザイン」地域活性に取り組む20のプロジェクト 2月18日より | 東京IT新聞

「地域×デザイン」地域活性に取り組む20のプロジェクト 2月18日より

エンタープライズ 企業動向

東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区)は、2016年2月18日より第56回企画展「地域×デザイン - まちを編みなおす20のプロジェクト -」を開催する。地域活性を目指す各地のプロジェクトを紹介する展示とトークイベントだ。

いま全国各地で、地域活性化のために、その地域の特色を活かした様々な取り組みが行われている。このような取り組みを、もともとその地がもつ価値を改めて見出し「まちを編集」すること、また生活・文化やコミュニティの「編みなおし」と考え、デザインの視点から分析、紹介する。会期中にはゲストを招いたトークセッションなど様々な関連プログラムの開催も予定されている。

東京ミッドタウン・デザインハブは公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会、武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジから構成され、デザイン情報を国際的に発信する拠点。

本展の企画運営は、グッドデザイン賞を主催する国際的デザインプロモーション機関である公益財団法人日本デザイン振興会と、プロジェクトデザインで社会を変革する力を持った人材育成を目指す事業構想大学院大学が、共同で行なう。また、デザインと会場構成には、自身も地域とのプロジェクトを実施しているUMA/design farm の原田祐馬氏と、建築家ユニットの dot architects を迎え、多角的な視点で地域のプロジェクトを紹介する。


東京ミッドタウン・デザインハブ 第56回企画展
地域×デザイン -まちを編みなおす20のプロジェクト-
●会期:2016年2月18日(木)~3月6日(日)
11時00分~19時00分
会期中無休
●入場料:無料
●会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【インターロップ】8日開幕…見どころは仮想化とIoTの流れ

    【インターロップ】8日開幕…見どころは仮想化とIoTの流れ

  2. 中高生だけじゃない “いい大人”の知られざる「スマホ依存症」は深刻

    中高生だけじゃない “いい大人”の知られざる「スマホ依存症」は深刻

  3. ラーメンGoGoランキング…マニアが注目している新店

    ラーメンGoGoランキング…マニアが注目している新店

  4. 20代と30代の起業はどこが違う?両世代の著名ベンチャー経営者らが激論!

  5. ユニーク発想で「世の中を楽しく!」 シンクスマイル・新子明希社長に聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top