ICTは効率化目的から新サービス創出へ…社長が展望する2016年 | 東京IT新聞

ICTは効率化目的から新サービス創出へ…社長が展望する2016年

エンタープライズ 企業動向

年頭所感(抜粋)

株式会社東芝 執行役上席常務
インダストリアルICTソリューション社 社長
東芝ソリューション株式会社 取締役社長
錦織弘信

本年は、昨年にも増して市場環境が急速に変化していくものと思われます。ICTソリューションは、これまで企業や組織の業務効率化が主な目的とされてきました。しかし昨今、IoT(Internet of Things)や人口知能(AI)技術の進展により、ICTの新たな潮流が急速に押し寄せています。これにより、これまで実現が困難とされていたサービスや機能が生み出され、ICTがビジネスの成長やイノベーションに直接貢献していく新たな時代が到来しています。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top