ICTは「事業革新」「事業創出」に…社長が展望する2016年 | 東京IT新聞

ICTは「事業革新」「事業創出」に…社長が展望する2016年

エンタープライズ 企業動向

年頭所感(抜粋)

富士通エフサス
高萩弘代表取締役社長※

昨年は、TPPの大筋合意やインバウンド消費の拡大などグローバル化の動きが顕著になるとともに、マイナンバー制度の導入など社会が大きく変わる節目になったと思います。ICTの世界では、いよいよ「クラウド」「IoT」が本格化するとともに、「AI」の活用も始まり、また「Industry4.0」「FinTech」といった新しい潮流も生まれています。ICTの役割もこれまでの「業務効率化」「コスト削減」中心から、「事業革新」「事業創出」に大きく変わろうとしています。

※高ははしご高
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. <ITビジネス法務>保守契約書は印紙が不要な場合が多い

    <ITビジネス法務>保守契約書は印紙が不要な場合が多い

  2. <ITビジネス法務>「準委任」の契約書は印紙が不要になるという事実

    <ITビジネス法務>「準委任」の契約書は印紙が不要になるという事実

  3. 【お知らせ】『東京IT新聞』個人情報の移動・継続・削除

    【お知らせ】『東京IT新聞』個人情報の移動・継続・削除

  4. 【お知らせ】『東京IT新聞』運営会社変更へ

  5. <IPO専門家が教える>上場の準備は3年前から始めなければ間に合わない

アクセスランキングをもっと見る

page top