“いいとこ取り”!? キングジム「ポータブック」を本音レポート | 東京IT新聞

“いいとこ取り”!? キングジム「ポータブック」を本音レポート

プロダクト モバイル

 新年1回目のレポートは、キングジムが2月12日に発売を予定している同社初のノートPC「ポータブック XMC10」のハンドリングレポートを紹介しよう。

 キングジムはオリジナルのスパイスを効かせた電子文具でこれまで数々のヒットを飛ばしてきたメーカーだ。キーボードにモノクロ液晶を搭載し、スマホアプリと連携しながら手軽に文書作成ができる“デジタルメモ”「ポメラ」シリーズは、ビジネスマンや筆者のようにテキストを書くことを生業にしているエキスパートの仕事をバックアップしてきた。ほかにもデジタル名刺ホルダ「ビットレック」や電子メモパッド「ブギーボード」、ラベル作成ツールの超定番「テプラ」などもキングジムを代表するプロダクトだ。

 そんなキングジムの輝かしいヒットモデルを知る方々なら、いま元気がないPC市場にキングジムが進出したと聞いて心がざわつかないはずがない。「ポータブック XMC10」とはいったいどんな製品なのだろうか。

■思わず“アガる”キーボードのギミック

 基本形は8型ディスプレイを搭載するノートPCだ。最大の特徴は「Slide Arc」と名付けられたセパレートタイプのキーボードである。クラムシェル型の本体を開いて、左右2ピースに分かれているキーボードを回して合体させるとポータブックが形を成す。なるほど、男なら誰しもがこのギミックに心ときめかされるだろう。かつて1990年代にIBMが発売した「ThinkPad 701」に搭載されていた変形・合体する“バタフライキーボード”を思い出してしまった。

 キーボードは横幅がポータブックの本体サイズを飛び出すデザイン。約12インチのノートPCに搭載されているキーボードと同等のサイズで、キーピッチは18mm、キーストロークは1.5mm。そもそもタイピングの操作感は人それぞれに好みが分かれるところではあるが、打鍵音は静かだし、セパレートタイプの筐体を合体させた後もグラついて打ちにくく感じられることはない。筆者が普段使っている「VAIO PRO 13 mk2」のキーピッチは約19mmなので、文字入力の違和感はほとんどなく好感触だったが、一点だけ半角/全角変換キーが左上のEscキーの隣に置かれているキーボード配置の違いに慣れるのに時間がかかった。

 キーボードは心地よく使えるものの、マウスの操作は馴染みづらかった。というのも、中央に光学式のフィンガーマウスが搭載されていて、これ単体のレスポンスは悪くないのだが、左右のクリックボタンがキーボードから離れた一段低い位置にあるため、マウス操作は「右手でポインターを動かして、左手でクリック」といった具合に両手でせざるを得ないからだ。筆者としては別途マウスを用意しないとストレスに感じられてしまった。

 本体には8インチのカラー液晶(1,280×768ドット)を搭載。本体の縦横サイズはちょうどA5サイズのシステム手帳ぐらいで、最も厚い箇所で最大で約3.4cm。質量は約830g。今どきは超軽量なノートPCも沢山あるので、比べてしまうと劇的に軽いとは言いづらい。ちょうど、2000年代中盤以降に人気を集めた「ネットブック」のサイズ感に近いと思う。実際バッグに入れて持ち歩いてみると、やはり重さはそれなりに感じた。筆者がふだん「VAIO PRO 13 mk2」を持ち歩いている感覚に比べると、本体の厚みがそれなりにあるので、バッグのスペースをけっこう取られる感じがする。

■気になるバッテリーや充電環境は?

 その一方で、AC電源アダプタと電源ケーブルを持ち歩かなければならないVAIOと違って、ポータブックはUSBタイプの小型ACアダプタを採用しているので、スマホの充電器セットが共用できるメリットは大きい。普段から持ち歩かなければ行けないアイテムが少し減るのがありがたい。本体側の電源入力はmicro USB端子で、スマートフォンやタブレット用の5V/2A仕様のモバイル充電器による給電にも対応している。本体内蔵のバッテリーはフル充電から約5時間の連続駆動とほどほどの容量だが、外出先でも比較的手軽に給電ができるので安心感がある。

 本体を横から見ると、前から後ろ側にかけて厚みが増す三角形のフォルムになっている。欲を言えば本体が全体にもっと薄くなって欲しいところだが、本体背面のパネルを開けるとUSB端子のほかにもVGAやHDMIなどの端子が搭載されていて、側面にもSDカードスロットが設けられているので、この厚みも納得といったところ。社内・社外でのプレゼンテーションも変換コネクターなしで本機一台でこなせてしまう。デジカメで撮った写真もSDカードから直接読み込めるので、Photoshopなど画像編集ソフトを入れておけば、出張のレポートもテキストを書いて、簡単に写真を編集をして送るといった一連の作業がポータブック単体でまかなえそうだ。背面にイヤホン端子が付いているので、インタビューのテープ起こしに使ってみたところかなり作業がはかどった。

 OSはWindows10 Home 64ビットを採用。1年間有効のOffice 365サービスが使えるので、職場のメインPCで作成したドキュメントを持ち出して外で作成を続けたり、シームレスな作業環境が作れる。CPUは1.6GHzのIntel Atom x7-Z8700プロセッサー、メインメモリーは2GB。ドキュメント作成の作業なら特に不自由を感じないスペックだ。

 ただ内蔵ストレージは32GBのeMMCとやや少なめで心もとない。ドキュメントファイルならUSBメモリーやSDカードを併用してさばけるが、やはり内蔵ストレージの容量が少ないとメインPCで活用しているアプリケーションによる作業環境を、そのままポータブックでに実現することは難しくなってしまう。今後ラインナップを追加するとすれば、ストレージの大容量化はぜひ求めたい。

 液晶の画面はノングレアタイプなので映り込みが少なく視認性は悪くない。ただ色味がやや浅く、映像の質感が全体にざらっとしていて粗い印象を受けた。テキスト入力をメインの用途に想定した製品なのである程度は仕方ないところだが、動画再生や写真の鑑賞などエンタメ用途には不向きだと思う。内蔵スピーカーもあくまで補助的なもので出力は弱め。無線機能はBluetoothとWi-Fiに対応しているので、音楽やテレビ電話を楽しむ際にはワイヤレススピーカーなどを併用した方がいいと思う。

 ポメラとノートPCの中間に、サイズや使い勝手を上手に落とし込んでまとめ上げた製品だが、反面それぞれの良さを取り込めていないとも言える。ポータビリティが高く、メインPCとしても活躍できるマイクロソフトのSurfaceシリーズ、あるいはiPadにハードケースタイプのキーボードの組み合わせの方が、実作業は快適にこなせる面もある。

 「Slide Arc」キーボードのギミックは刺激的だが、ふと我に返るとこれで想定売価90,000円という価格設定が割高に感じられてくるかもしれない。ポメラは単体でネットにつなげられないので、外出先でのメールやWebのチェックに使えないことが不満に感じられるユーザーのため、キーボードの使い勝手のよさを活かしてテキスト入力に注力した「デジタル文具」の延長線上で誕生した製品がポータブックなのだろう。

 キングジムにとっては今後メインPCでの作業をサポートしてくれる“サブ機”として、ライバルであるノートPCやタブレットを押しのけてポータブックを選ばせるための、積極的なアピールと戦略が求められるだろう。

ポメラとノートPCの“いいとこ取り”!? キングジム「ポータブック」を本音レポート

《山本 敦》

編集部のおすすめ

特集

page top