クラウドソーシングで人材不足を解消 2月5・10日 | 東京IT新聞

クラウドソーシングで人材不足を解消 2月5・10日

エンタープライズ 経営

 クラウドソーシング活用推進コンソーシアムは5日、「時代の変化を味方にする人、しない人~勝ち残っていく中小企業のクラウドソーシング人材活用の秘訣~」と題したシンポジウムを開催すると発表した。

 同コンソーシアムは、富士ゼロックス(幹事法人)とクラウドソーシング協会、日本テレワーク協会の3団体で構成する組織。中小企業庁より「中小企業におけるクラウドソーシング実践的活用促進事業」の委託を受け、その一環として同シンポジウムを開催する。

 クラウドソーシングとはオンラインを使い、不特定多数の群衆(Crowd)に仕事を外注(Sourcing)すること。特定の人々に作業を委託するアウトソーシングとは異なり、よりコストを抑えつつ、優れた人材(アイデア)を得られる可能性があることから、人材不足の課題を抱える中小企業にとって有効な人材確保の手段として期待される。

 当日は東京大学大学院教授の伊藤元重氏を招へい。クラウドソーシングの成果物展示、個別相談会などを行い、クラウドソーシングを導入する際の秘訣を探る。

 シンポジウムは全2回の開催を予定。福岡会場となる「スカラエスパシオ」(福岡県福岡市中央区渡辺通4-8-28 F.TビルB2)では2月5日に、東京会場となる「THE GRAND HALL(品川)」(東京都港区港南2-16-4グランドセントラルタワー3F)では同10日に催される。いずれも時間は14~18時。現在、参加申し込みを受け付けている。

クラウドソーシングで中小企業の人材不足を解消! その秘訣は?

《加藤/H14》

編集部のおすすめ

特集

page top