カシオのウェアラブルはアウトドア向け | 東京IT新聞

カシオのウェアラブルはアウトドア向け

プロダクト ウェアラブル

カシオ計算機は、アウトドアシーンで役立つ5気圧防水性能を備え、米軍の物資調達規格MIL-STD-810Gに準拠したリストデバイス Smart Outdoor Watch「WSD-F10」を3月下旬より発売する。

「WSD-F10」にはトレッキング、サイクリング、釣りなどで役立つアプリの他、自然環境の変化や活動量を計測するオリジナルの専用アプリを搭載した。OSにはAndroid Wearプラットフォームを採用しており、アプリの追加も可能だ。

カシオ計算機は、時計と情報端末の両方の技術と経験を持つメーカーとして、その資産を活用しながらリストデバイスを開発している。「WSD-F10」には、同社が培ってきたタフネス性能やセンサー技術を盛り込み、アウトドアシーン向けリストデバイスとして開発された。

表示部分にはモノクロ液晶とカラー液晶を重ねた二層構造ディスプレイを搭載。様々な計測情報やアプリをカラー液晶に表示する一方、時刻情報のみをモノクロ液晶に表示する「タイムピースモード」も選択できる。操作ボタンは大型サイズで滑り止め加工を施し、右サイドに集約された。

また、カシオ計算機のデジタルカメラ「EXILIM Outdoor Recorder EX-FR100」と連携するアプリを搭載、「WSD-F10」でカメラを遠隔操作できる。

電池寿命は使用環境によって変動するが、通常使用で約1日以上、時計のみ表示するタイムピースモードでは約1カ月以上に伸びる。充電時間は常温で約2時間。

カラーはオレンジ、グリーン、ブラック、レッド。メーカー希望小売価格7万円+税で、3月下旬に発売される。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top