アクセス数不振のサイトを改善、1回300円から | 東京IT新聞

アクセス数不振のサイトを改善、1回300円から

コンシューマー サービス

 Webサイトのアクセス数不振の原因を分析し、サイトにとって「何が足りないか」を競合サイトのデータを元に比較・解析。それをレポートとして提供するウェブサイト解析サービス「ウェブ大魔王」が1月6日にスタートした。同サービスを提供するのは株式会社AEI INTERWORLD(北海道札幌市)。

 ウェブサイト運営で悩んでいる企業の担当者を対象とした同サービス。“どのような施策を選択すればアクセス数を向上できるか”を、上位の競合サイトと「ドメイン」「コンテンツ」「ソーシャル」「外部リンク」といった各カテゴリ毎に比較・解析。その結果を簡易にレポート化できるため、制作会社はクライアントにレポートを作成する手間やコストも削減できるという。

 同サービスでは1回の解析とレポート化を300円に設定したデポジット制を採用。安価に分かりやすくサイトの分析ができ、ウェブに詳しくない利用者にも優しいサービスとなっている。

アクセス数不振のサイトを改善、1回300円からの新サービス「ウェブ大魔王」

《オフィス本折/H14》

編集部のおすすめ

特集

page top