企業向け動画共有SNS「ムービーライブラリ」 ソフトバンク | 東京IT新聞

企業向け動画共有SNS「ムービーライブラリ」 ソフトバンク

コンシューマー サービス

 ソフトバンクは7日、動画の撮影・共有・管理に特化したソーシャル・ネットワーキング・サービス「ビジュアモール ムービーライブラリ」の提供を開始した。

 「ムービーライブラリ」は、マルチデバイス対応の動画共有型コミュニケーションサービス。撮影した動画は、専用アプリケーションを使ってタップ操作だけの編集が可能。動画投稿・閲覧のほか、コメントやプライベートメッセージの送信、投稿されたコンテンツの評価(点数形式)などの機能も用意されている。月額固定料金で提供されるため、通信量を気にせず利用できる。企業向けに提供され、社内での資料共有、研修、客先でのプレゼンテーションといった用途を想定している。

 動画は、チャンネル単位で管理可能で、チャンネルごとに利用者を紐づける視聴制限ができる。公開期間終了後はコンテンツを自動的に非公開にすることも可能。動画コンテンツは自動的に暗号化され、配信先のデバイスに応じたセキュリティプロトコルで配信される。

 利用料金は、初期費用3万円、月額費用10万円(最大1,000人まで利用可、ストレージ 50GB、配信流量 無制限を含む)など。

ソフトバンク、企業向け動画共有SNS「ムービーライブラリ」提供開始

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top