全事務職員が利用する仮想デスクトップ環境を構築 横浜国大 | 東京IT新聞

全事務職員が利用する仮想デスクトップ環境を構築 横浜国大

コンシューマー 産業のIT化

ネットワンシステムズ株式会社は、セキュリティ強化・運用負荷低減を目的として、横浜国立大学の全事務職員約400名が利用する仮想デスクトップ環境を構築した。この環境は2015年10月から稼働している。

横浜国立大学では従来、ネットブート方式(端末の起動時にOSとアプリケーションをサーバからダウンロードして端末側で実行する方式)のシンクライアント環境で業務を行なっていた。このシステムのリース切れを機に、サーバの利用効率向上、セキュリティの強化、そしてクライアント運用負荷の低減のため、シンクライアントシステムの方式を変更し、仮想デスクトップデスクトップ方式に切り替え、シンクライアント専用端末のみで利用可能にした。

これによって横浜国立大学は、職員が取り扱う業務データを完全に共有ストレージで集中管理可能にすることで、従来よりもセキュリティを強化した。運用面では、マスターイメージ作成負荷の低下、故障端末の交換負荷の低下、管理画面の操作性の向上などが実現した。そして、端末への毎日のアンチウィルスのパターンファイル更新作業が無くなったことで、運用負荷を大きく低減した。さらに、端末の起動速度が大幅に向上することで、利用者の利便性も向上した。

この仮想デスクトップ基盤には、パッケージ製品であるEMC「VSPEX」を採用することで初期投資コストと運用コストを削減している。横浜国立大学は、今回導入した仮想デスクトップ環境を活用することで、将来的に、災害などの際に自宅や遠隔地から業務を継続できる環境を整備することも検討している。

主な導入製品
●仮想デスクトップソフト:VMware Horizon View
●仮想化ソフト:VMware vSphere
●サーバ:Cisco UCS Bシリーズ ブレードサーバ
●共有ストレージ:EMC VNX
●セキュリティ対策ソフト:Trend Micro Deep Security
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top