中小規模事業所向け、紙・電子文書業務の効率化ソリューション | 東京IT新聞

中小規模事業所向け、紙・電子文書業務の効率化ソリューション

コンシューマー 産業のIT化

富士ゼロックスは、中堅・中小規模事業所において課題である業務効率化を低コストかつ容易に実現するソフトウェア、「オフィスあんしん 連携オプション for kintone」を6日より提供開始した。

「オフィスあんしん 連携オプション for kintone」は、富士ゼロックスのドキュメントハンドリングソフトウェア「DocuWorks(ドキュワークス)」と、サイボウズのクラウド型Webデータベース「kintone(キントーン)」とを連携させるソフトウェアだ。

kintoneは、営業の案件管理、顧客からの問い合せ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報など、用途にあわせたWebデータベース型の業務アプリケーションを、ノンプログラミングでスピーディに作成構築できるサービスだ。いっぽう富士ゼロックスは、国内で450万ライセンスを突破したDocuWorksを活用したさまざまな業務支援ソリューションを展開している。

本ソフトウェアで、DocuWorksによる紙・電子文書のハンドリングと、kintoneによるDocuWorks文書と属性情報の管理・共有やデータの集計・分析とを組み合わせ、紙・電子文書を取り扱う業務の効率化や業務文書の利便性向上を実現するソリューションが構築できる。

kintoneで提供するオプションソフトウェアとして、初期投資を抑え、中堅・中小規模事業所にも導入しやすい月額課金方式で提供する。標準的な価格は、10台までインストール可能で月額1万円(税別)。別途、設置費用など初期費用がかかる。販売目標は国内で100契約/年。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top