ビッグデータを活用して脅威を未然に防ぐ セキュリティ | 東京IT新聞

ビッグデータを活用して脅威を未然に防ぐ セキュリティ

コンシューマー セキュリティ

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は8日、ビッグデータを活用して未知の脅威に対応するセキュリティ対策ソリューション「BrightCloud IP Reputation」を提供開始したことを発表した。

 同ソリューションは、脅威分析エンジンで、約43億個のグローバルIPアドレスを追跡・監視し、危険性があるIPアドレスをリスト化して、標的型攻撃やゼロデイ攻撃などの未然検知のサポートを行う。

 もともと「BrightCloud IP Reputation」は、ウェブルートが提供しているクラウドサービスで、今回、CTCが販売代理店として取り扱う形となる。CTCでは、通信事業者や大手製造業、金融機関などに向けたソリューションとして提供していく。

 また、「BrightCloud IP Reputation」は、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール用「BrightCloud IP Reputation for Palo Alto Networks」と、Splunkのビッグデータを活用したログ管理ソフトウェアに対応する「BrightCloud IP Reputation for Splunk」で構成。同社は一連に付随した製品や設計、構築及び保守などを含め、今後3年間で5億円の売上を目指すとしている。

ビッグデータを活用して脅威を未然に防ぐ情報セキュリティソリューション……CTC

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部のおすすめ

特集

page top