クラウド型の経費精算システム | 東京IT新聞

クラウド型の経費精算システム

コンシューマー 産業のIT化

 マネーフォワードは14日、作業の自動化・スマホ対応・ペーパレスなどを特徴とした、クラウド型の経費精算システム「MFクラウド経費」β版の提供を開始した。

 「MFクラウド経費」では、領収書を撮影するだけで明細を自動取得でき、申請者側も承認者側も、作業プロセスをスマートフォンだけで完結させることが可能。科目は自動学習機能で自動分類され、経路を入力するだけで、 交通費の自動算出を行うこともできる。スマートフォンで撮影した領収書は、電子データで保管され、証憑書類として利用できる。

 同社の自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」同様に、クレジットカードや電子マネーの明細の自動取得に対応。取得した明細を使って、経費登録を行える。「ICカードリーダー by マネーフォワード」と併用した場合は、SuicaやPasmoの明細もワンタッチで取込可能。

 β版の期間、利用料金は無料。「MFクラウド給与」との自動連携も年内に行う予定。電子帳簿保存法にも対応する予定。

マネーフォワード、精算業務に特化した「MFクラウド経費」β版を提供開始

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top