niconico、上位5チャンネルの平均年間売上額が1億円突破 | 東京IT新聞

niconico、上位5チャンネルの平均年間売上額が1億円突破

エンタープライズ 企業動向

 ドワンゴは14日、動画サービス「niconico」のニコニコチャンネルについて、有料チャンネルの総登録者数が40万人を突破したほか、上位5チャンネルの平均年間売上額が初めて1億円を超えたことを発表した。

 ニコニコチャンネルは、現在7,384チャンネル(うち、有料は840チャンネル)が開設されており、企業・団体・ユーザーが、動画を中心としたコンテンツを配信している。

 これらのチャンネルにおいて、平均年間収益受取額は、10位以上が6078万円、30位以上が3,497万円、50位以上が2,612万円、100位以上が1,662万円に到達しているという。具体的な上位30チャンネル名としては「アイドルマスター ミリオンラジオ!」「AppBankの生放送チャンネル」「岡田斗司夫ブロマガチャンネル」「週刊文春デジタル」「ニコニコゲーム実況チャンネル」「堀江貴文 ブログでは言えないチャンネル」などがあがっている。

 あわせてドワンゴでは同日より、GMOペパボのオリジナルグッズ制作・販売サービス「SUZURI」 に対応。これにより、各チャンネルオーナーは、従来のコンテンツ配信、チケット販売に加え、会員に向けたグッズ販売が可能となった。「SUZURI」は、画像やイラストなど1点を用意するだけで、Tシャツやスウェット、マグカップ、iPhoneケースなどのグッズを作成できるサービスだ。
《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top