日本郵便の次世代電子メッセージ | 東京IT新聞

日本郵便の次世代電子メッセージ

コンシューマー サービス

 日本郵便は14日、デジタルメッセージサービス「MyPost(マイポスト)」の試行提供を開始した。重要書類をなど、大切なメッセージを従来の電子メールやWebサービスよりも、安全に配信できる新たなデジタルメッセージサービスだという。

 「MyPost」は、日本郵便が提供する「インターネット上の郵便受け」だ。ネット上でのメッセージのやりとりにおいて、1人1人専用の“郵便箱”を用意し、日本郵便が本人確認や氏名・住所の確認を行うことで、安心してネットでやり取りができる。会員は、自分が選択した差出人からのメッセージのみを受け取ることができる。またメッセージは、機密性の高いクラウド上に長期保管できる。

 従来の郵便サービスが担ってきたインフラの役割を、ICTにより実現するサービスとのこと。すでに諸外国では、各国の郵政事業体等がこうしたサービスの提供を行っている。

 試行提供では、会津若松市、関西電力、ビックカメラ、三井住友信託銀行が、利用をスタート。会員に対し、重要書類をはじめとしたさまざまな電子データ(レター)の配信を行う。今後は、企業・官公庁に対する各種手続機能などが拡張される予定だ。

“ネット上の郵便受け”、日本郵便が次世代電子メッセージ「MyPost」開始

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top