アップル iPhone 6s のバッテリー残量表示問題 対処法 | 東京IT新聞

アップル iPhone 6s のバッテリー残量表示問題 対処法

プロダクト モバイル

 米Apple(アップル)は、iPhone 6s/6s Plusで指摘されていたバッテリ残量表示の問題についてのサポートページを開設。暫定的な対処法も公開している。

 この問題は、バッテリ残量表示が実際の残量と違うというもの。iPhoneの時計に関連しているようで、複数のタイムゾーンを移動したユーザーに発生している。Appleは「この問題を認識しており、原因と解決策を調査中」として、サポートページに対処法を掲載した。

 対処法は、iPhoneを再起動し、[設定]→[一般]→[日付と時刻]→[自動設定]を[有効]にするというもの。これでも改善されない場合は、アップルのサポートに連絡してほしいと呼びかけている。

 iPhone 6s/6s Plusに関しては、内蔵される「A9」プロセッサがTSMC製なのかSamsung製なのかでバッテリ消費に違いがあるとの指摘が発売当初にあったが、またバッテリに関する不具合が明らかになった形だ。

iPhone 6s/6s Plusのバッテリ残量表示問題、アップルが対処法を公開

《関口賢》

編集部のおすすめ

特集

page top