各地のベストキャリアが決定 ブロードバンドアワード | 東京IT新聞

各地のベストキャリアが決定 ブロードバンドアワード

エンタープライズ 市場動向

イードは18日、読者投票によりブロードバンド時代のベストサービスを選ぶ「RBB TODAYブロードバンドアワード2015」を発表した。 キャリア部門は、関東のiTSCOM(イッツ・コミュニケーションズ)などが最優秀を獲得した。

「RBB TODAYブロードバンドアワード」はITブロードバンド情報サイト「RBB TODAY」の読者、およびイードの運営するアンケートサイト「あんぱら」の調査モニターの投票により、利用者満足度の高いインターネット通信サービスを選出して表彰する。2004年より開始し、今回で12年目。

今回のキャリア部門は、関東でiTSCOMが支持を集め、最優秀(ベスチキャリア)を獲得した。iTSCOMの最優秀は2年連続。北海道はauひかり(KDDI)、東海はコミュファ光(中部テレコミュニケーション)、近畿はeo光(ケイ・オプティコム)、中国はMEGA EGG(エネルギア・コミュニケーションズ)、四国はピカラ(STNet)、九州はBBIQ(九州通信ネットワーク)がそれぞれ各エリアの最優秀を獲得し、いずれも3年連続での獲得となった。

また、キャリア・スピードの部は、関東のNURO 光(So-net)などが最優秀を獲得した。

読者投票は2015年12月3日から16日までウェブ上で実施し、2015年度は6453票の投票があった。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top