“アニメーション・デジタル作画”人材育成…報告会 1月23日 | 東京IT新聞

“アニメーション・デジタル作画”人材育成…報告会 1月23日

エンタープライズ 企業動向

現在、アニメーション制作のなかでデジタル作画が注目されている。これまでアニメーション制作の中で鉛筆と紙で行ってきた動画・原画の過程を、タブレットなどを使いデジタルのかたちで実現するものだ。
一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、こうした流れのなかで「アニメーション・デジタル作画人材育成研修」をいち早く実施した。その成果報告会を日本工学院専門学校 蒲田キャンパスにて開催する。

第1部では構成企業が参加するコンソーシアム内評価会として、「アニメーション・デジタル作画人材育成研修の実施内容と受講成果」でOJTの指導者と受講者による報告などを行う。OJT研修指導者であるグラフィニカの安藤圭一、櫻井司、安川リベカ、OJT研修出向企業・ミルパンセの白石直子、OJT研修受講者であるチップチューンのアニメーター・増山大輔が登壇する。
人材育成コーディネーターの東京工科大学准教授・三上浩司による「デジタル作画転換の研修手法の確立に向けて」や、質疑応答コーナーも予定する。アニメーション制作や製作、アニメーション関連教育に携わる人に向けた内容となる。

第2部では一般公開セミナーも実施する。『進撃!巨人中学校』を実例としたデジタル作画導入の紹介する。
「TVアニメシリーズにおけるデジタル作画導入 『進撃!巨人中学校』の制作事例」として、グラフィニカの安藤圭一と櫻井司が登壇し最新のデジタル作画の現場を解説する。2015年10月から12月まで放送された『進撃!巨人中学校』を例に挙げ、デジタル作画の導入について解き明かしていく。
第2部は誰でも参加でき、研修事業の成果集である「アニメーション・デジタル作画研修の指導マニュアル(案)」も配布される。「アニメーション・デジタル作画人材育成研修 成果報告会」の受講料は無料。公式サイトでは申込を受付けている。
[高橋克則]

「アニメーション・デジタル作画人材育成研修 成果報告会」
日時: 2016年1月23日(土)14:30-16:30(第2部・一般公開セミナー)
会場: 日本工学院専門学校 蒲田キャンパス3号館 10階ホール
受講料: 無料(満席になり次第受付終了)

注目の“アニメーション・デジタル作画” その人材育成研修成果を報告

《高橋克則》

編集部のおすすめ

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. <米国発コラム>日米でこんなに違う!人間関係の築き方と仕事の進め方

    <米国発コラム>日米でこんなに違う!人間関係の築き方と仕事の進め方

  2. 20代と30代の起業はどこが違う?両世代の著名ベンチャー経営者らが激論!

    20代と30代の起業はどこが違う?両世代の著名ベンチャー経営者らが激論!

  3. 毎日新聞が有料電子版、紙より価格抑え先行する日経と朝日を追う

    毎日新聞が有料電子版、紙より価格抑え先行する日経と朝日を追う

  4. 東大の院生が開発、自分だけの有益ニュース集める「Gunosy」で起業した理由

  5. <IPO専門家が教える!>赤字や小さな売上でも上場できるのはなぜなのか

アクセスランキングをもっと見る

page top