「不動産会社から相手にされない」物件を売る ウェブ | 東京IT新聞

「不動産会社から相手にされない」物件を売る ウェブ

コンシューマー サービス

 通常の不動産市場では価格がつかない、“売却が困難な不動産”の情報を所有者自身がウェブ上に掲載。買主を探す「リサイクル不動産β版」が1月20日にスタートした。

 いわゆる不動産会社が相手にしてくれない物件の買主を探し、マッチングを試みるという同サービス。都市部から離れている不動産や狭小地など、一般の市場では買い手を見つけるのが困難な物件の売買を実現。地方の不動産取引を通じて、地方創生への寄与と不動産流通の活性化を目的としている。

 同サービスでは自身で所有している物件であれば、全国の誰でも無制限に掲載ができるほか、物件の価格を自由に設定が可能。「引き取ってもらえれば金銭を差し上げる」といった形でも掲載できるという。

 物件情報の登録をはじめ、質問への対応、価格交渉をすべてウェブ上で完結できるという同サービス。2016年1月20日現在は、プレオープン期間のため掲載料金は不要となっている。

「不動産会社から相手にされない物件」を売るウェブサービス登場

《オフィス本折/H14》

編集部のおすすめ

特集

page top