ネット拡散を使わない手はない…宣伝カーサービス | 東京IT新聞

ネット拡散を使わない手はない…宣伝カーサービス

エンタープライズ 市場動向

大型トラックの箱形ボディを広告媒体にした宣伝トラックをときどき見かけるが、そういった普通の宣伝トラックとは違う、世界に1台だけのスポーツカーが街を走り回る、新たな宣伝サービスが始まった。

WEBコンサルティングやプロモーションを手がける株式会社エーナインは、カスタムスポーツカーを使って宣伝する「宣伝カスタムカー」を開始した、と21日に発表した。目立つ宣伝カー、SNSでの拡散、チラシ配布、ウェブへの落とし込み、という流れで、見込み客を逃さないようにする取り組みだ。

宣伝カスタムカーと宣伝トラックとの違いは、まず走る車がスポーツカーであること。エーナインのサービスではオリジナルカスタムされた日産『フェアレディZ』を使う。エンジンとマフラーは特別仕様、外装もフルオーダーメイドだ。もちろん車検は対応済み。広告主の宣伝内容を車全体にラッピングして、東京都内の大通りを一日中走り回る。

目立つ宣伝カスタムカーはSNSで拡散を狙える。テスト走行で表参道に1時間車を置いたところ、48人が写真を撮影し8人がスタッフに話しかけて来たという。そういう車に興味を持った“見込み客”にチラシも配布してPRする。さらに、専用ウェブページを制作し、宣伝カーを見て検索した人が流入する仕組みを設ける。ウェブプロモーションを得意とするエーナインだからこそ、と同社は自負する。

料金プランは税抜で、10日運行プランが128万円、20日運行プランが204万円、30日運行プランが240万円となっている。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top