スマホで3D動画…撮影アタッチメント&ビュアー、学研ステイフルが開発中 | 東京IT新聞

スマホで3D動画…撮影アタッチメント&ビュアー、学研ステイフルが開発中

プロダクト モバイル

学研グループの学研ステイフルは、20~21日に東京浅草の産業貿易センター台東館で開催された「トイEXPO 2016」(主催:東京玩具人形協同組合)に、開発中の「スマホde 3D」を参考出品した。

アプリ不要で、簡単なアタッチメントを取り付け、スマホで立体動画を撮影できる。再生する際は、やはり簡単な組み立て式のビュアーをスマホに取り付けるだけで、立体動画を楽しめる。試作品は画面サイズ5.5インチまでのスマホに対応していた。

予価は税抜き4000円。今回の展示会などでの反応を見て、商品化を決定する予定だ。ブース説明担当者によると、3Dには流行の波があり、うまく波に乗りたいという。それでいうと今の3D市場はやや落ち着いているか。いっぽうOculus Rift(オキュラスリフト)が発売されるなど、ヘッドマウントディスプレイに動きが見られるかもしれない。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top